海外FXのメリット

★なぜ国内FXではなく海外FXなのか?
・海外FXには、いくつかの大きなメリットがあります。

近年、注目されている「海外FX」。そもそも、なぜ国内のFXではなく海外のFXなのか?素朴な疑問ですが、これを明確に答えられる人はどれくらいいるでしょうか。
日本に住んでいるのであれば、わざわざ海外のFX会社を選ぶ必要はありませんし、イメージだけで海外のFX会社を避けている人も多いのではないでしょうか。

しかし、海外FXには日本でのFX取引に比べて大きなメリットがあります。ここでは、海外FXを利用するメリットを丁寧に説明していきます。

海外FXにはレバレッジの規制がありません。
日本では最大25倍です。日本では最大25倍です。海外FXでは1000倍以上のレバレッジが使えるのです

日本では、2011年の法改正により、レバレッジ比率が規制されました。これを受けて、日本のレバレッジ比率は最大25倍に制限されることになりました。これまでのようにレバレッジを使って自己資金以上のポジションを構築しても、より効率的な運用ができなくなり、FX取引の魅力が薄れてしまうという残念な結果になってしまったのです。

一方、海外のFX会社では、「レバレッジ管理はお客様が自由に設定できるべき」という考えのもと、高レバレッジ取引を認めています。海外FX会社によって違いはありますが、最大レバレッジは200倍から1000倍以上まで用意されています。アメリカの雇用統計の発表など、ここぞという時にハイレバレッジで取引ができるので、よりダイナミックで効果的な投資ができる環境といえます。過剰なレバレッジはリスクを伴いますが、取引量を減らすことでコントロールすることも可能です。また、低レバレッジをご希望の方には、1倍から50倍までの低レバレッジもご用意しています。

★海外FXでの追加手数料はありません!
・証拠金以上の損失をゼロに戻すゼロカットシステムを採用しています。

国内FXの場合、為替レートの急激な変動により、証拠金以上の損失が発生した場合、「追加証拠金」が必要となります。そのため、国内FXでは、FX取引で損失が累積した場合、これまで積み上げてきた取引利益と預託した証拠金を失うだけでは済まされません。最悪の場合、追加証拠金の請求により、投資額以上の金銭的負担が発生する可能性もあります。

しかし、海外のFX会社では、証拠金以上の損失が発生して残高がマイナスになった場合に、口座の残高をゼロに戻し、損失を証拠金のみにする「ゼロカットシステム(ゼロカットシステム)」という仕組みを採用しています。おかげで、FX初心者でも安心して取引ができます。
リスクが証拠金だけに抑えられるというのは安心して取引できる大きなメリットですし、レバレッジを高く設定できる海外FXには欠かせないシステムですね。

お客さまと利害関係のない公正な取引
ノンディーリングデスク制度を採用し、公正な取引を行っています。

日本のFX会社は、ディーリング・デスク方式(DD方式)を採用しており、顧客からの注文をディーリング・デスクで受け、金融機関などに直接転送することなく、FX会社に保管されている顧客の注文を処理しています。この方式では、FX会社が顧客の注文のカウンターパーティとなり、利益相反が発生します。リフレーミングの場合、国内のFX会社が大きな利益を得る一方で、顧客は大きな損失を被る可能性があります。このプロセスはブラックボックスであり、公正な取引環境ではないとよく言われます。

これに対し、海外FX会社はディーリングデスクを介さない「NDD方式(Non-Dealing Desk Method)」を採用しているため、海外FX会社と顧客の間に利益相反がなく、非常に公正な取引環境を保つことができます。NDD方式では、顧客の注文情報は、FX会社内で処理されるのではなく、FX会社が提携しているカバー金融機関や、機関投資家や金融機関が参加するインターバンク市場に直接、自動的に転送されます。

★FXの通貨ペア以外にも様々な投資商品が取引可能!
・商品、株価指数、世界の優良株、仮想通貨など、多彩なCFD商品が取引可能です!

国内のFX会社は、日本円を含む通貨ペアが中心で、商品ラインナップは豊富ではありません。海外のFX会社は、国内のFX会社に比べて投資商品や取引スキームが豊富で、日本では取り扱っていない銘柄や商品がたくさんあります。
FXの通貨ペア銘柄に加え、コモディティ(農産物、原油など)、世界の主要株価指数(日経平均、ダウ平均など)、貴金属などのCFD商品があり、投資ポートフォリオのリスク分散を図っています。近年、海外のFX会社の中には、世界の主要な株式市場に上場している優良な個別株や、ビットコインなどの仮想通貨のCFD取引を提供しているところもあります。例えば、IFC Marketsでは、日本株や米国株だけでなく、ドイツ株や英国株などの欧州株、オーストラリア株やニュージーランド株、ロシア株や中国株などのCFDを提供しています。
IFCマーケッツでは、多彩な商品・サービスを提供していますので、お客様の資産運用が容易になります。リスクヘッジという意味では、CFDの取引ができることも海外FX会社のメリットの一つです。

海外FX

Posted by www263535