BigBoss vs GEMFOREXの取引方式(DD方式or NDD方式)を徹底比較

日本人トレーダーも数多くいる海外FX業者、BigBossとGEMFOREX。海外FXでしばし気にされるものとして「取引形式(注文形式)」がありますが、こちらについて詳しく知っているという方はあまり多くないのではないでしょうか?多くの方はレバレッジやボーナスで口座開設するかを判断しますが、実はこの取引方式によってFXトレードによる利益が少なくなってしまう業者があるのです。

取引方式には大きく2つのものがありDD方式とNDD方式があります。NDD方式にはさらに細かく分けられた方式もあって少々複雑です。

今回はBigBossとGEMFOREX、それぞれの取引方式(DD方式or NDD方式)について見ていきたいと思います。

DD方式とは?

DD方式とは「Dealing Desk(ディーリングデスク)」の略。トレーダーからの注文を受ける際に、FX業社を通してインターバンクに注文が出されます。この際にトレーダーの注文が必ず発注されているとは限らずに、ディーラー側が調整可能となっており、FX業者に有利になる注文は市場に流し、不利になる注文は市場に通さないといういわゆる「ノミ行為」が行われる可能性があるものです。この場合トレーダーとFX業社の関係は利益相反となり、トレーダーが儲かるとFX業社がマイナスに、トレーダーが損をするとFX業社がプラスになります。

NDD方式とは?

一方のNDD方式は「Non Dealing Desk(ノンディーリングデスク)」と呼ばれる取引方式です。 こちらはトレーダーの注文を受ける際にFX業社を通さずそのままインターバンクに注文が出されます。そのためDD方式と異なり透明性が高く安全なトレードが可能です。またトレーダーとFX業社はトレーダーが儲かるとFX業社も儲かる関係(Win-Winの関係)になります。ではどうやってFX業者は儲かるのかというと、収入源はスプレッドになります。そのためNDD方式のFX業者は必然的にDD方式よりスプレッドが広めになっているのです。

とはいえ、約定拒否やスリッページなどが起こりにくくなっており、FX業者によってはスキャルピングも認められれていることが多いです。

また、NDD方式にはさらに細かく2種類の方法があります。それが「ECN(Electric Communications Network)
方式」と「STP(Straight Through Processing)方式」です。ECN方式では、スプレッドはほぼゼロになりますが、トレーダーから注文ごとに手数料を徴収、それを利益としています。一方のSTP方式では、FX業社が若干スプレッドを上乗せすることで利益を上げている形になります。

BigBossの取引方式

BigBossの取引方式ですが、スタンダード口座、プロスプレッド口座共に「NDD ECN方式」と公式サイトでは明言されています。

GEMFOREXの取引方式

GEMOFOREXの取引方式ですが、基本的にはNDD方式と思われるものの、一部DD方式を取り入れているのでは?
という噂もあります。その理由としては、スプレッドが低めに設定されていることと豪華ボーナスが取り入れられていること。これらのことができるのであれば、DD方式なのでは?と疑われてもしょうがないでしょう。しかし海外FXの大半はNDD方式を採用していますので、表向きにはNDD方式だと思われるのですが、BigBossのように公式サイト上に記載があるわけではないので、真偽のほどはわかりません。

取引方式から見るBigBoss vs GEMFOREXどちらが口座を開きたい海外FX業者?

BigBossとGEMFOREXともにNDD方式であると思われるものの、GEMOFREXに関しては一部DD方式ではないかという噂もあります。完全な透明性の高いトレードを望むのであればBigBossを、それはあまり重視していなくて豪華ボーナスがもらえればよい、ということであればGEMFOREXを選択してみるのも良いかもしれません。

口座開設の段階でのFXトレーダーとしての経験がどれくらいなのかにもよりますが、正直海外FXの初心者であれば、取引方式がどうであってもまずは、トレードを実践しなければ利益を出すことすらままなりません。利益を出せるようなトレード手法を理解できるようになって、「あれ?スリッページが起きてる」とか「なんかスプレッド広いよね」といったことが見えてくるのであって、「GEMFOREXのボーナスキャンペーンが魅力」などと言っている段階ではあまり意味のない検討項目です。

ただし、徐々にスキルが上がってきて利益を意識するようになった時には必ず知っておきたい内容の一つです。それまでにはDD方式とNDD方式の違いはしっかりと把握しておくようにしましょう。