BigBoss vs GEMFOREXのゼロカットシステムを徹底比較

海外FX業者の中でも評価の高いBigBossとGEMFOREX。海外FXと言えば高いレバレッジがある点が重要視されています。しかし、レバレッジが高ければ高いほどリスクが高いという現実もあります。Bigbossにしろ、GEMFOREXにしろレバレッジはかなり高く、BigBossで999倍、GEMFOREXで1,000倍~5,000倍というハイレバレッジが魅力です。とはいえ、このようなハイレバレッジでトレードを円滑に安全に行うにはゼロカットシステムシステムの存在が重要です。

今回はBigBossとGEMFOREX、それぞれのゼロカットシステムについて見ていきたいと思います。

ゼロカットシステムとは?

ゼロカットシステムとは、為替相場の急激な変動によってロスカットが間に合わずに損失が発生した場合、FX業者が損失分を負担してくれるシステムです。国内FX業者の場合には、残高以上の損失が発生した場合には、追証(追加証拠金)として、損失分を支払わなければならない義務が発生してしまいます。つまり借金が残り、それを支払わなければならないわけですが、海外FXであれば、その負担はゼロとなります。トレーダーは預け入れた証拠金以上のマイナスを負うリスクがなくなりますので、トレードに専念することができます。

海外FX業者側として、なぜゼロカットシステムといった業者としてマイナスになるようなことをあえて行うのでしょうか?それはトレーダーを長く囲い込むためです。トレーダーが長くかつ頻繁にトレードをしてくれればくれるほどFX業者に利益をもたらしてくれます。それが、証拠金残高がマイナスになったことで市場から退場となり、二度と利用してくれなくなったら元も子もありません。そうであるくらいなら、マイナス分を肩代わりしてトレードをしてもらおう、というのが、ゼロカットシステムが採用される理由となっているようです。とはいえ、トレーダーの損失が多ければ多いほどマイナス補填する額が増えて利益が失われていきます。このあたりはトレードオフの関係とはいえ、難しいところですが、トレーダーとしては借金を抱えずにトレードできるだけで大きなメリットを得ていると思っても良いところです。

追証とは?

追証(追加証拠金)とは、取引によってトレーダーの口座残高がマイナスになってしまった場合、そのマイナス分をトレーダーがFX業者に支払うものです。

通常追証があるなら、ゼロカットシステムはありません。逆に追証が無ければゼロカットシステムがある状態となります。つまり国内FXは追証があるのでゼロカットシステムがなく、海外FXは追証がなくゼロカットシステムがあるのが一般的です。ただし、全ての海外FX業者がゼロカットシステムを採用している訳ではありません。もしこれから、海外FX業者で口座開設を行う予定であるならば、その業者がゼロカットシステムをしているかどうかはチェックしておきましょう。ゼロカットシステムがあると思ってハイレバトレードをしてみたものの、実はなくって大借金を抱えてしまった、ということにならないように事前のチェックが必要です。

BigBossにはゼロカットシステムはある?

BigBossではゼロカットシステムがきちんとあります。しかし、それはスタンダード口座とプロスプレッド口座の場合に限ります。FOCREX口座の場合には、ゼロカットシステムは適用されていませんので、追証が発生します。もし、マイナス分が発生した場合にはトレーダーはBigbossに対して追証分を支払わなければなりません。

GEMFOREXにゼロカットシステムはある?

GEMFOREXでは、ゼロカットシステムを採用しているため安心してFX取引を行えます。オールインワン口座、ノースプレッド口座、レバレッジ5,000口座どれもがゼロカットシステムを採用しており、追証は発生しません。特にレバレッジ5,000倍口座でもゼロカットシステムを採用しているのは非常に魅力。失っても口座残高分のみですので、思い切ったハイレバトレードを試してみることも出来る点は海外FXならではのこと。現状5,000倍のレバレッジをかけられる口座を持つ業者はGEMFOREXのみですので、試してみない手はありません。

ゼロカットシステムから見るBigBoss vs GEMFOREXどちらが口座を開きたい海外FX業者?

BigBossとGEMFOREXは両方ともゼロカットシステムが採用されている海外FX業者です。そのため、両者ともに備わったハイレバレッジをかけたトレードを可能にします。その状態でどちらが魅力的な業者であるかを考えた場合には、追証なしゼロカットシステムの5,000倍トレードを可能にするGEMFOREXでの口座開設は、かなりお値打ちに感じます。