ゲムフォレックス(GEMFOREX)が危ないって本当?

年金制度の実質的な崩壊を皮切りに、国は副業や投資をすすめるようになりました。
その中で注目を集めているのがFXです。
実際にFXでかなりの金額を稼いだという方もいます。
ただ、一口にFXと言っても利用できる業者にはさまざまな選択肢があります。
海外FXの中で圧倒的な存在感を放っているのがゲムフォレックスなのですが、一部では「ゲムフォレックスは危ない」という声も出ているようです。
あの大手のゲムフォレックスが危ないというのは本当なのでしょうか?
今回は改めて、ゲムフォレックスについてお話ししていきたいと思います。

ゲムフォレックスはむしろ安心安全な海外FX業者

先でも触れましたように、一部ではゲムフォレックスが危ないという声も出ているようなのですが、ゲムフォレックスはむしろ安心安全なFX業者だと言えるでしょう。
というのも、ゲムフォレックスは海外FXでありながら、日本製のFX業者でもあるからです。
どういうことかというと、ゲムフォレックスの経営陣は5人のうち4人が日本人で、スタッフの半数も日本人で構成されているのです。
海外FXならではの特徴や魅力はそのままに、日本人トレーダーにとって使いやすい仕様となっているわけです。
他にも安心してトレードができるよう、以下のような環境が整えられています。

  • トレーダーの運用資金と同額の資金を分別保管
  • 隠れMarkup一切なし
  • リクオートと約定拒否の追放
  • 全取引の99.99%が0.78秒以内に執行
  • 口座開設最短30秒
  • 必要書類の提出は口座開設後で問題なし
  • 入金から取引開始まで最短3分
  • 迅速な出金処理
  • スピーディーなサポート
  • 約150を超えるFX自動売買ソフト(EA)が無制限で使い放題
  • FXミラートレードも無料提供

ゲムフォレックスは海外FXの中でもトップクラスの人気を誇っていますが、これだけのトレード環境が用意されているのであればそれだけの人気があって当然と言えるでしょう。

ゲムフォレックスが危ないと言われてしまう理由

ゲムフォレックスは安心安全なFX業者だという話をしましたが、ではなぜそんなゲムフォレックスが危ないと言われてしまうのでしょうか?
考えられる理由はいくつかあります。
ひとつひとつを詳しく見ていきましょう。

最大レバレッジ1,000倍というハイレバレッジ

ゲムフォレックスが危ないと言われてしまう理由として、まず挙げられるのが最大1,000倍というハイレバレッジです。
レバレッジというのは資金効率を高めるためのもので、例えばレバレッジ1,000倍で取引をする場合、1万円の資金で1,000万円分の取引ができるようになります。
自分の手元にある資金以上の取引ができるため、大きなリターンを狙っていくことができるのです。
ただ、リターンが大きくなるということはその分、リスクも大きくなります。
実際に、ハイレバレッジの取引で大きなマイナスを出してしまうという話はよくあります。
だからこそ、ハイレバレッジのFX業者はハイリスクで危ないという意見もあるのです。
しかしながら、ゲムフォレックスではそのリスクを抑えるために追証なしのゼロカットシステムというものを採用しています。
FXで大きな損失を出して莫大な借金を抱えてしまうといった話はよくありますが、だいたいその借金の原因というのは追証であることが多いものです。
ゲムフォレックスであれば追証がありませんし、ゼロカットシステムが採用されているので口座残高以上のマイナスをトレーダーが背負うことはありません。
つまり、最大1,000倍というハイレバレッジでありながらも追証なしのゼロカットシステムを採用することによって、リスクをうまくコントロールしているわけです。
ハイレバレッジだから危ないと主張している方でも、ゲムフォレックスであれば安心です。

金融ライセンス

ゲムフォレックスが危ないと言われてしまう理由としては、金融ライセンスのことも挙げられます。
ゲムフォレックスに限らず、海外FXを選ぶ際にはそのFX業者が取得している金融ライセンスをひとつの目安にするという方は少なくありません。
もちろん、金融ライセンスがすべてというわけではないのですが、取得している金融ライセンスが信頼性の判断材料になる部分も確かにあります。
ただ、ゲムフォレックスは安心安全なFX業者として知られている一方で金融ライセンスを長い間、取得していませんでした。
それがネックにもなっていたのですが、実は2021年にようやく金融ライセンスを取得しています。
モーリシャスの金融ライセンスで、ゲムフォレックスの公式サイトのほうにもこの金融ライセンスについては明記されています。
おそらくですが、ゲムフォレックスが新しく金融ライセンスを取得したことを知らないまま「ゲムフォレックスが危ない」と主張している方も一定数存在するのではないかと思います。

入金ができないという声

一部では入金ができないからゲムフォレックスは危ないといった声も出ているようなのですが、これに関しては完全に誤解か勘違いでしょう。
2022年8月時点、ゲムフォレックスで取り扱っている入金方法としては以下のようなものが挙げられます。

  • 銀行送金
  • クレジット決済(Visa,JCB,Master, アメックス, DINERS Club, DISCOVER)
  • 銀行決済(PayPay銀行, 三菱UFJ銀行, 楽天銀行, 三井住友銀行, 住信SBIネット銀行, セブン銀行, みずほ銀行, ゆうちょ銀行, auじぶん銀行, りそな銀行, 福岡銀行, 埼玉りそな銀行, イオン銀行, ソニー銀行, スルガ銀行, 東京スター銀行, あおぞらネット銀行, 北海道銀行, 広島銀行, 千葉銀行, 鹿児島銀行)
  • 暗号通貨決済
  • PayPal 決済
  • PerfectMoney 決済
  • MegaTransfer 決済
  • PAYEER 決済
  • UnionPay, 中国国内銀行, Wechat 決済
  • bitwallet 決済
  • MASTER / JCB, 中国国内銀行 決済
  • STICPAY 決済
  • 中国国内銀行 決済
  • その他暗号通貨

入金ができない場合、単純な入力ミスか、メンテナンス中の入金方法を選んでいる可能性があります。

出金拒否の噂

ゲムフォレックスでは出金拒否の噂があるから危ないと考えている方も多いようなのですが、基本的にゲムフォレックスは悪質な出金拒否はおこなっていません。
トレーダーが出金拒否だと感じた場合、トレーダー側で何かしらのルール違反をしている可能性が高いです。
例えば、以下のようなケースが考えられます。

  • 出金にあたって必要な書類の提出などが済んでいない
  • ポジション保有中に出金しようとしている
  • 事前申告なしで大口の取引をしている
  • ゼロカットシステムを悪用している
  • 複数口座間など禁止されている両建てをおこなった
  • 極端なトレードをおこなっている

トレーダー側に問題があって出金ができない場合、それは出金拒否とは言えません。
そもそもゲムフォレックス側の都合で一方的に出金が拒否されてしまうようなことはないので、「出金拒否の噂があるから危ない」という考え方は完全に誤解だと言えるでしょう。
そういった噂を鵜呑みにして、ゲムフォレックスでの取引の機会を逃してしまうことのほうがもったいないです。