GEMFOREXのロスカット水準は○○パーセント?

知っておくべきロスカット水準の前に

ロスカット水準について解説する前に、いくつか知っておいていただきたいFX用語があるのでお伝えしていきます。

  • 必要証拠金
  • 有効証拠金
  • 証拠金維持率
  • ロスカット(ロスカット水準の理解に必須)

必要証拠金

ある量のトレードを行うために必要になる証拠金の下限額。
本来は、例えば「1,000万円分のトレードを行いたい」のであれば、証拠金は1,000万円以上準備する必要があります。

ですが、GEMFOREXはレバレッジ倍率1,000倍のブローカーですから、

1,000万円÷1,000=1万円

つまりこのときの必要証拠金は1万円という事になります。

トレード量÷レバレッジ倍率=必要証拠金

という式が成り立ちますね。

有効証拠金

有効証拠金:口座残高+含み損+含み益

 

つまり「口座残高そのものがいくら高くても、含み損が多ければ、有効証拠金の金額は低くなってしまう」ということですね。

証拠金維持率

証拠金維持率(パーセント)=(有効証拠金÷必要証拠金)×100

 

という式で計算できます。

ただ、式だけで説明しても分かりにくいかもしれませんので、感覚的な解説もしますね。

つまり「必要証拠金が10万円で、有効証拠金が50万円もある!」という場合は、証拠金維持率は500パーセントということになります。
そして、「必要証拠金が10万円で、有効証拠金が7万円しかない!」というのであれば、証拠金維持率は70パーセントという計算になります。

なんとなくお分かりいただけたでしょうか。
そして、「証拠金維持率が高ければ高いほど余裕がある」と理解しておきましょう。

ロスカット(ロスカット水準の理解に必須)

証拠金維持率が一定のパーセンテージまで落ちたときに、ブローカーが強制的に決済すること。

 

GEMFOREX側の視点で言えば、「このトレーダーは証拠金維持率が下がってしまって大ピンチだな。最悪の事態になる前に、私たちが決済してあげよう」という感じですね。

ロスカット(とロスカット水準)のシステムがなければ、数多くのトレーダーの口座残高がマイナスになってしまう事でしょう。

つまり、トレーダーにとってロスカットはありがたいシステムなのです。
たまに、「強制決済される=損失が確定する」というだけの理由でロスカット・ロスカット水準の事を目の敵にしているトレーダーがいますか、そういう人はFXで稼げません。

GEMFOREXのロスカット水準はどれくらい?

証拠金維持率が何パーセントのときにロスカットされるかの水準のこと。

 

ここまでの解説を理解していただいていれば、ロスカット水準に関してもすぐに分かるはずです。

GEMFOREXのロスカット水準:証拠金維持率20パーセント

です。
つまり、「必要証拠金が10万円なのに、有効証拠金が2万円になってしまった!」というタイミングでロスカットが発動するということですね。

ちなみにGEMFOREXに限らず、多くの海外FXブローカーがロスカット水準を20パーセントに設定しています。
国内FXには50パーセント以上のところが多いですね。

GEMFOREXでロスカット水準に到達する前に届く「マージンコール」とは?

証拠金維持率が一定数値(ロスカット水準よりは高い)になったときに届くFXブローカーからの通知のこと。

つまり「このままではロスカットされてしまいますよ!」という通知ですね。
GEMFOREXの場合は、証拠金維持率が50パーセントになったときにマージンコールが届きます(メール)。

マージンコールが届いたらどうするべきか?

GEMFOREXは「マージンコールが来ても、通常通りにトレードできる」というルールになっています。
(国内FXの場合、マージンコールが来ると新たにポジションを持てなくなるところが多いです)

しかし、マージンコールが来てしまったら基本的には、すぐに決済することをおすすめします。

証拠金維持率が50パーセントになってしまうくらいですから、トレードとしては失敗です。
これ以上証拠金維持率が下がる前に(損失が大きくなる前に)、決済をして可能な限りキズを小さくすべきです。

「粘って大逆転」という可能性もないわけではありませんが、ほとんど起きないことですから、粘っているうちにロスカット水準に達してしまう場合が大半です。

マージンコール・ロスカット水準とは無縁のトレードをしましょう

ここまでGEMFOREXのロスカット水準・マージンコールについて解説しました。
それぞれ20パーセント、50パーセントですね。

しかし、そもそもマージンコール・ロスカットを気にするようなトレードをしてはいけません。

海外FXブローカーでトレードをするときは、証拠金維持率を最低でも500パーセント、できれば1,000パーセント以上に保ちましょう。
相場が急変すれば500パーセント程度は一気に動いてしまう可能性があるからです。

ですが、「そんなに簡単に証拠金維持率を上げるなんてできない」と感じたのではないでしょうか。

しかし、証拠金維持率は実は容易に上げることができます!

GEMFOREXで証拠金維持率を上げる主な方法は?

  • トレード量を小さくする
  • レバレッジ倍率を高くする
  • 入金額を増やす

これらがGEMFOREXで証拠金維持率を上げるための方法です。
上記のことを守れば、マージンコール・ロスカット水準のことを気にする機会がほとんどなくなります。

では、それぞれについて解説していきますね。

トレード量を小さくする

繰り返しになりますが、「必要証拠金が10万円なのに、有効証拠金が5万円しかない!」という場合の証拠金維持率は50パーセントとなりますよね。

では、トレード量を思い切って10分の1にしてみましょう。
トレード量が下がれば、そのぶん必要証拠金も下がりますから、
「必要証拠金が1万円で、有効証拠金が5万円もある!」という状態になります。
このときの証拠金は500パーセントですよね。

GEMFOREXでトレードをする場合に限らず、トレード量を下げれば簡単に証拠金維持率を上げることが可能です。
ですから特にFX初心者のうちは、トレード量は少なめにしておくことをおすすめします。

レバレッジ倍率を上げる

また、

必要証拠金:10万円
有効証拠金:5万円
証拠金維持率:50パーセント

だったとします。
ただしこのとき、レバレッジは全くかけていないものとします(1倍)。

ここで例えば「レバレッジ10倍」にすると、

必要証拠金:1万円(10万円÷10倍)
有効証拠金:5万円
証拠金維持率:500パーセント

となりますよね。

つまり、レバレッジ倍率を上げれば上げるほど、証拠金維持率を上げることができるのです。
そして、GEMFOREXのレバレッジ倍率は1000倍ですから、証拠金維持率を高めに維持するのがかなり簡単です。

※レバレッジ倍率を上げると同時に、トレード量まで高くしてしまっては意味がありません。「トレード量を固定しつつ、レバレッジ倍率を上げる」のがポイントです。

入金額を上げる

有効証拠金:口座残高+含み損+含み益

でしたね。

そのため、「入金額を上げて、口座残高を増やせば、証拠金維持率も上がる」と言えます。

ただし、無理な入金は厳禁です。
GEMFOREXに限らず、FXトレードをするときは「全て失っても支障が出ない金額」だけを使うようにしましょう。
「どうせ取り返せるから大丈夫」などという考え方をしていると破滅します。

最悪なのは「ロスカット水準に届きそう→入金→証拠金維持率が下がってきたから入金!→証拠金維持率が下がってきたから入金!」という、状態になってしまう事です。
これは、「ギャンブル依存」に似ていますよね。
どれだけ遅くとも、マージンコールが来たら諦めて素直に決済しましょう。