FBSの最大レバレッジは3,000倍!ロット数を抑えて安全に

今回はFBSの最大レバレッジとそれに関するルール、さらにはレバレッジとロット数の関係性についても解説していきます。

FBSの口座タイプと最大レバレッジは?

FBSの最大レバレッジ3,000倍です。これは海外FX業者の中でもトップレベルです。
ただし、口座タイプによって最大レバレッジが違うので気を付けましょう。

トレード100ボーナス口座 100倍
スタンダード口座 3,000倍
セント口座 1,000倍
マイクロ口座 3,000倍
ゼロスプレッド口座 3,000倍
ECN口座 500倍

つまり、最大レバレッジ3,000倍でトレードができるのは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロスプレッド口座」の3種類という事ですね。

例えば「ロット数1」を扱い、レバレッジを3,000倍にした場合は、わずか「3,000分の1ロット分の自己資金」を用意すればいいという事になります。

そして、FBSで初めて口座を作るならスタンダード口座が圧倒的におすすめです。
ですから、ここからはスタンダード口座の最大レバレッジについて解説していきます。

FBSは口座残高によって最大レバレッジが下がります

  • 大金を使って無理なハイレバレッジトレードをされると困る
  • 自己資金が多いならそれほど最大レバレッジが高い必要はない

などの観点から、FBSをはじめとする多くの海外FX業者が「口座残高に応じた最大レバレッジの制限」を設けています。

FBSのスタンダード口座の場合は、以下のとおりとなっています。

口座残高

口座残高 最大レバレッジ
2万円まで 3,000倍
2~20万円 2,000倍
20~50万円 1,000倍
50~300万円 500倍
300~1,500万円 200倍
1,500万円以上 100倍以下

最大レバレッジの高さが魅力のFBSですが、口座残高が50万円以上になると最大レバレッジは500倍。平均的なレバレッジしか使えなくなってしまい、大きなロット数を扱うのは難しくなってしまいます。

さすがに口座残高を2万円以下に抑えるのは厳しいかもしれませんが、できれば20~50万円以下(1,000~2,000倍)にはしておきたいところですね。

FBSではボーナスキャンペーンを利用する事で最大レバレッジが下がることも

FBSはいくつかのボーナスキャンペーンを実施していますが、キャンペーンの種類によっては利用することで最大レバレッジが下がるケースがあります。

例えば、

入金ボーナス 最大レバレッジは500倍に
入金保証プログラム 最大レバレッジは500倍に

といったところです。
最大レバレッジが3,000倍から500倍に下がれば、「同じ資金で持てるロット数が6分の1になる」ので、「最大レバレッジを下げてまでボーナスを利用するべきなのか」をきちんと考えてからボーナスプログラムに参加しましょう。

FBSのCFD銘柄の最大レバレッジは高くない

FBSでは「通貨ペア」以外にも、CFD銘柄のトレードをすることが可能です。
ただ、CFD銘柄については、最大レバレッジが低いです。

ゴールド、シルバー 333倍
DAX100、パラジウム、プラチナ 100倍
個別の株 10倍
その他銘柄 33倍

となっています。
特に最大レバレッジが10倍の「個別株」については、大きなロット数を扱うのが難しくなるはずです。

いずれにせよ、基本的には最大レバレッジ3,000倍の通貨ペアの取引をすることをおすすめします。

「FBSの最大レバレッジは3,000倍だから危険」←これはウソです

FBSのスタンダード口座は「1ロット=10万通貨」です。
この後の計算を楽にするために「通貨ペアのレート=120円」とすると、「1ロット=1,200万円」となります。

この際、最大レバレッジ3,000倍であれば、

1,200万円÷3,000=4,000円

つまり「ロット数1」をわずか4,000円で持つことが可能となります。

「自己資金が4,000円なのに、1,200万円分も取引できるのはどう考えても危ない!」と感じている人が多いのだと思います。

ただ、あくまで「取引のロット数を1にする」というだけであり、自己資金は4,000円でOKです。
取引が上手くいかなくても、1,200万円の損失が出るような事はありません(多分、ハイレバがハイリスクだと感じている人はこの辺りを勘違いしているはず)。

また、FBSは「口座資金がマイナスになったら0に回復されるシステム」である、「ゼロカット」を導入していますから、「口座残高が4,000円なら、『失う最大金額』は4,000円」となります。

ちなみに、FBSのスタンダード口座の「最小トレード単位」は「ロット数0.01」です。
上記と同じ条件で考えれば、「ロット数0.01=12万円」ですから、自己資金はわずか40円となります!

最大レバレッジが低い日本のFX業者に置き換えてみると?

しかし、長年FXに興味を持っていた人であればあるほど「ハイレバレッジ=危険」が常識として染み付いてしまっているかもしれません。

その思い込みをなくすために、国内FXに置き換えて計算してみましょう。
ここでは、国内FX業者の最大レバレッジである「25倍」で考えてみる事にします。

取引ロット数:1(1,200万円)
最大レバレッジ:25倍

とすると、

1,200万円÷25=48万円

なんと48万円も自己資金を用意しなければならなくなります。
いくらゼロカットシステムがあるFBSであっても、「最大で48万円失うかもしれない」というのはあまりにも怖いですよね。

つまり、「最大レバレッジが低ければ低いほど危険」なのです。

やり方を間違えれば最大レバレッジが高くてもハイリスクになります!

ですが少しやり方をミスすれば、FBSで最大レバレッジ3,000倍にしたとしても、ハイリスクになってしまいます。

それは「取引ロット数をむやみに増やしてしまう」というものです。
具体的に言うと「今の10倍のお金を出せばロット数を10倍にできる!」などという考え方ですね。
こういう発想をお持ちの人は、最悪の場合「借金してでも自己資金を増やして、最大レバレッジ3,000倍で一撃勝負!」などの行動に出てしまいます。

しかし、安定して利益を出せる投資家の発想は異なります。
それは、「レバレッジを300倍から3,000倍にすれば、同一ロット数でも10分の1の資金で持てる」という考え方です。

一言で言えば、「とにかくロット数を少なくしていれば安全」という事ですね。
逆に「ロット数が多ければ、どんなにレバレッジを高くしても危険」だと表現できます。

補足:「最大レバレッジとロット数の関係性」に関する間違った情報に注意

しかし、

  • レバレッジ倍率を下げてリスクを抑えましょう
  • 低レバレッジのFX業者のほうが安全
  • ビギナーはレバレッジを3~5倍にすべき

などと語っているサイトやブログなどが少なくありません。
これらの表現はハッキリ言って間違っているので気を付けてください。
さすがに少ないですがFX業者のオフィシャルサイトにさえ、こうしたウソの情報が記載されている場合もあります。

繰り返しになりますが、リスクを下げたいのであれば「ロット数を下げる」ことを考えてください。

まとめ:FBSの最大レバレッジは3,000倍!ロット数を上げなければ超安全!

FBSの最大レバレッジやロット数などについて解説しました。

まとめると

  • 最大レバレッジは3,000倍
  • ただし口座残高が多いと下がる(最低でも1000倍にはしたい)
  • ボーナスキャンペーンに参加する事でも下がる場合がある
  • CFD銘柄の最大レバレッジは低いのでおすすめしない

といったところです。

また、

  • 最大レバレッジは高いほうが安全
  • ただしロット数を上げてしまえばハイリスクになる

ということも覚えておきましょう。