億トレーダーって日本に何人ぐらい?

FXトレードをこれから始めたい、または今始めたばかりの方はもちろんのこと、長年トレードをやっている方も、日本にどれくらい億トレーダーがいるのか、一度は気になったことがあるのではないでしょうか?

トレードの世界では、「1億円以上の資産があるFXトレーダー」または「年収が1億円以上あるFXトレーダー」のことを一般的に「億トレーダー」と呼んでいます。

ここでは主に、後者の意味で「億トレーダー」という言葉を使っていきますが、今回は、年収1億円以上の億トレーダーが日本にどれくらいいるのかを見ていきたいと思います。

そもそも年収1億円を超えている日本人はどれくらいいるのか?

まず、日本人で年収が1億円以上ある人はどれくらいるのか?という点から見ていきましょう。

少し古いデータになりますが、2017年時点の調査で年収1億円を超えている人はおよそ23000名。日本の人口が約1億2500万人(2022年1月時点)ですから、2017年時点での調査とはいえ「1億円を稼いでいる人が2万人以上いる」と考えると、結構多く感じられるかもしれません。

しかし2017年時の“全労働人口”を基準に考えると、2万人は「約3000名に1名」となり、全体の「約0.035パーセント」にしかならず、かなり少ない割合であることがわかります。

どんな職種の人が年収1億円を達成しているのか?

続いて、年収1億円をクリアしている人がどんな職種・職業についているのか、その割合をチェックしていきます。

年収1億円を稼いでいる方の職種・職業は以下の通りです。

第1位:FXなどの各種トレーダー 約56パーセント
第2位:大企業の社員 約31パーセント
第3位:事業所得者  約8パーセント
第4位:不動産所得者 約3パーセント
第5位:音楽関係、作家 約1パーセント

驚くべきことに、年収1億円以上の人の職種・職業のうち半数以上を、「億トレーダー」が占めているのです。つまり、年収1億円の人がだいたい2万人だとすると、1万人近くは「億トレーダー」ということになります。

ちなみに、プロ野球で年収1億円以上を稼ぐプレイヤーの人数は100名程度。プロ野球という特別な才能があっても、その中で1億円を稼ぐことは簡単なことではありません。しかしFXトレーダーであれば劇的な才能がなくても、コツコツと利益を出し続けることが出来れば、1億円以上を稼ぐことも夢ではありません。

FXで勝っている人の割合は?

ここまで読んだ人の中には、先ほどの統計が「FXトレーダーだけでなく、FXを含む各種トレーダー」となっていたところに引っかかっている方もいるかもしれません。そこで、ここからはFXトレードに話を絞って、「勝っているFXトレーダーの割合はどれくらいなのか?」という点について検証してみます。

まず「1年間FXトレードをして、トータルで勝っている人の割合」ですが、これは全体の30~40%程度はいると言われています。これはかなり高い割合ではないでしょうか。この結果を見た方は、FXはきちんと勉強すれば勝てる投資であると思うはずです。

しかし「5年間FXのトレードを行い、5年連続で勝っている人の割合」では、一気に1%程度まで下がってしまいます。もちろん、この中には「ほとんど勉強しないでFXトレードを行っているためにずっと負け続けている人」もいますし、逆に「初年度は負けたものの2年目以降は勝てるようになり、そこからは連勝している」という人も含まれています。そのため、「1パーセントなんて自分には到底無理」と残念に思う必要はありません。

実際にFXで億トレーダーを目指すにはどうしたらいい?

FXで億トレーダーになるための手法はネットやSNSでも多数拡散されています。
そこで、ここでは「億トレーダーになるために最低限必要なこと」にフォーカスして、億トレーダーを目指す方法を考えていきます。

億トレーダーを目指す上で最低限必要なこと

  • FXのノウハウを勉強する
  • マイルールを作る
  • FXトレードをするための環境を整える

FXのノウハウを勉強する

まず1つ目の方法は、「FX関係の用語や基本的なトレード手法」をしっかり勉強するということです。テストで100点を取りたいという目標を掲げているのに、まったく勉強や復習をしないという人はいないと思います。それと同様に、FXで少しでも多く利益を出したいと思うなら、まずはFXの基本を学ぶことが大切です。

とはいえ、「すべての用語や手法を完璧に覚えてから始めよう」などと考えていたら、FXトレードが出来る日は一生やってきません。大切なのは「トレードしながら覚える」という姿勢です。FXにはさまざまな手法がありますし、これから新しいトレンドや手法が出てくる可能性もありますので、「基本的な手法は一通り知っている」「実際に使える」という状態まで覚えておきたいところです。

マイルールを作る

2つ目の方法は、マイルールを作るということです。
マイルールを作るにあたっては、FXトレードをしながら常にトレード履歴を残しておき、その後振り返りや分析の機会を持つことが大切になります。その中で、「こうすると勝ちやすい」「こういったケースの時に自分は弱い(負けやすい)」といった状況を判断していき、マイルールを作っておくことで徹底的に負けを排除することができるようになります。

FXトレードをする上で一番避けるべきことは、「行き当たりばったり」「なんとなくの感覚」で根拠を持たずにトレードすることです。ルールを決めたら、それを逸脱しないようにしっかりと守るメンタルの強さも身に付けておく必要があります。

FXトレードをする環境を整える

2つ目のポイントでも述べましたが、FXトレードにおいてかなり大事な要素を占めるのが「メンタル面」です。もし、本気で億トレーダーを目指すのであれば、FXトレードを数年~数十年単位で続けていく事になりますので、なるべくメンタルに負担をかけない環境を整えることが重要になってきます。

たとえば、

  • 一人で集中してトレードできる環境を確保する
  • トレードをしたら、ゆっくり休む癖をつける
  • ずるずると負けを引きずらない
  • 結果が出たときには、自分にご褒美をあげる
  • ハイレバレッジなどリスクの高いトレードではなく、ローリスクで始められる環境を用意する

などです。

その他にも「○○のタイミングで、いつもプレッシャーがかかる」「○○が起こるとメンタルが落ち込みやすい」といった場面がわかってきたら、それを緩和するための工夫も考えておいたほうがよいでしょう。

あとはマイルールに従って、トレード経験を積み重ね、腕を磨いていくだけです。リアル口座でやる前に「自分の手法が通用するか試したい!」という場合には、デモトレードを使って様子を見るのも一つの手です。

まとめ

今回は、FXで億を稼ぐ「億トレーダー」が何人くらいいるのかという点のほか、億トレーダーを目指すために最低限必要なことについても解説していきました。

初心者トレーダーにとって「年収1億円」は途方もなく遠い金額に聞こえるかもしれませんが、日本には実際に1万人以上もの「億トレーダー」がいます。

確実にコツコツと利益を積み重ねていけば、FXで1億円を目指すことも可能ですので、ぜひ興味のある人は目指してみてはいかがでしょうか。