FXでは両建てが最強なのか?必勝法について紹介

多くのFXトレーダーが取り入れている手法の一つに「両建て」があります。確かに、ネットやSNS上では、「両建て手法が最強」「トレードには両建てを取り入れるべき」といった声も聞かれますが、FX初心者の中には「本当に両建てで勝てるのか?」「両建て手法で勝つためにはどうしたらいいの?」と疑問に思う方もいることでしょう。

そこで今回の記事では、両建ての仕組みについて解説するとともに、FXでは両建て手法が最強なのか、また両建てをトレードに取り入れて勝つためにはどうしたらいいのか、という点について詳しく解説していきたいと思います。

両建てとは?

両建てとは、買い(ロング)ポジションと売り(ショート)ポジションの両方保有すること。両建てでは、レートがどのように変化しても、片方のポジションの損失をもう一方の利益でカバーできるため、その点が最大のメリットとなっています。

両建てって最強なの?

多くのFXトレーダーが両建て手法を取り入れているとあって、「両建てって最強の手法なんだ!」「自分も両建てをトレードに導入したほうがいいのかな?」と思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、両建て=万能な手法というわけではありません。FXは投資ですので、両建て手法を採用したとしても、利益が損失で減ってしまうことも当然あります。

特に、FX初心者や両建てにあまり慣れていないトレーダーにとっては使いどころが難しく、なかなか結果に結びつかないケースが多いです。実際のところ、両建ての手法についてよくわかっていない人が何の工夫もせずに両建てをしたところでほとんど効果はありません。両建てで勝つためには、他の作戦と組み合わせて使うことが重要になります。

他の作戦と組み合わせるには?

他の作戦と組み合わせる、と言われても、具体的にどのようにやればいいのか分からない方は多いことでしょう。
そこで、ここからはFXで「両建て手法」と「ほかの手法」を組み合わせて勝つための必勝法を2つ紹介します。

組み合わせの手法で、おすすめの必勝法は、

  • スワップポイントさや取り
  • 両建てナンピン

の2つになります。

単語だけではなかなか伝わりにくいと思いますので、それぞれの詳細を解説していきます。

スワップポイントさや取り

まず一つ目はスワップポイントさや取りの手法です。

両建てをすると、ロングポジションのスワップポイント+ショートポジションのスワップポイントはマイナスになります。その場合、ポジションを持っているだけで損失が発生し続けてしまう可能性が高くなってしまいます。しかし、時々、両方のポジションのスワップポイント合計がプラスとなるケースが出てきます。こうしたケースでは持っているだけで利益が発生し続けるため、トレードにとっては稼ぐチャンスが広がります。このようにして利益を出すことが「スワップポイントさや取り」です。

スワップポイントのさや取りにおいて、理想的なのは、「ロングポジションのスワップポイント」と「ショートポジションのスワップポイント」が両方プラスとなる通貨を持つことです。

療法プラスとなる通貨を探すことが出来れば、スワップポイントで稼ぐのもやりやすくなります。
とはいえ手順通りにやらないと利益が出ませんので、その5ステップを下記に公開します。

  1. スワップポイントさや取りが可能な通貨ペアを見つける
  2. 同じ価格および同じ量で両建てする
  3. スワップポイントを稼ぎ続ける
  4. スワップポイントを確認する
  5. 決済する

2の手順で両建てを行えば、いつ決済してもプラスマイナスゼロになる状態を作り出すことができます。それによって、トレードのリスクを大幅に下げられるようになります。これも両建てするメリットの1つです。

また4の手順においては、スワップポイントは常に変化するので定期的なチェックを怠らないようにしたいところ。そして「スプレッドが狭い時」または「スワップポイントがマイナスになった時」に決済することが大切です。

ただし、この手法にはデメリットもありますので、チェックしておきましょう。

デメリット1:実際のところあまり利益が出ない

FXには証拠金の何倍もの額でトレードが出来るレバレッジというものがあります。レバレッジをかければスワップポイントも上がっていくため多少の利益を出すことはできるものの、微々たるスワップポイントで大儲けするのは至難の業です。そのためダイナミックに稼ぎたいと思う場合には、普通にレバレッジを使ってトレードするほうが稼げる可能性が高いでしょう。トレードスタイルは、あくまでも「利益を重視したい」「両建ての手法にこだわりたい」といったマイルールに従って決めることをオススメします。

デメリット2:そもそも両建てができないFX業者がある

両建ては一見とても便利な手法に見えます。しかし残念ながら、FX業者の中には「そもそも両建てを禁止しているブローカー」も少なくありません。両建て目的で口座を開設したのに規約で禁止されていた、というミスを犯さないためにも、口座開設前にきちんと規約を調べておくようにしましょう。

両建てナンピン

2つ目の手法は両建てナンピンという手法です。

こちらの方法は手順がやや複雑で分かりにくいため、具体的な例を見ていきましょう。

両建てナンピンの手順

  1. 100円でロングポジションを持つ
  2. 99円に下がったところで「99円のショートポジション」を持つ※1
  3. 2と同時に「99円のロングポジション」を持つ
  4. 98円に下がったところで、「98円のショートポジション」と「98円のロングポジション」を持つ
  5. 97円に下がったところで、「97円のショートポジション」と「97円のロングポジション」を持つ
  6. z円に下がったところで「z円のショートポジション」と「z円のロングポジション」を持つ

※1:ここで両建てを行えば、レートが下がっても損をせずに済むのでトレーダーにとってメリットが大きい

このケースでは、1番目の100円のロングポジションだけは相殺されません。しかし、待っていれば「トータルでプラスになるタイミング」が来ますので、そこで決済すれば利益が出せます。とはいえ、こちらの手法にもデメリットがありますので、よく見極めたうえで、採用するかどうかを決めるようにしましょう。

デメリット1:レンジ相場でしか使えない

この手法の前提には、「レンジ相場であること」があります。相場が一方的に下がり(上がり)続けるような状況では、最初に取ったポジションがロスカットされやすくなります。そのため、レンジ相場(細かな上下が連続する相場)でないと両建てナンピン手法は使えないと考えたほうが良いでしょう。

デメリット2:手順が多くてややこしい

ケースによるものの、基本的に両建てナンピン手法では同時に大量のポジションを持つことが多いです。よって、ポジションを複数持つことになり、トレードがかなりややこしくなります。そうするとミスをするリスクも上がってしまうため、初心者トレーダーや両建てに慣れていないトレーダーには不向きです。

まとめ:両建て手法は必ずしも最強ではない

今回は、両建ての仕組みについて解説するとともに、FXでは両建て手法が最強なのか、また両建てをトレードに取り入れて勝つためにはどうしたらいいのか、という点について解説していきました。

両建てはトレードにおいて有効な手法の一つではあるものの、「やる人」と「やり方」を選ぶため、絶対に勝てる手法・最強の手法、とは言い切れません。今回は両建ての必勝法についても2種類解説してきましたが、これ以外にもトレードスタイルやトレード手法は多数あります。そのため、FXで勝つためには、余計な情報に惑わされずマイルールを貫くことが何よりも重要です。