FX両建てで勝てるのか!?オススメ必勝法

多くのトレーダーが使う手法の1つとして知られている「両建て」。しかし、初心者トレーダーの中には「名前は聞いたことがあるものの詳しい内容はよくわからない」「具体的に何をすればいいの?」と思っている方もいることでしょう。

そこで今回の記事では、両建ての仕組みについて解説するとともに、FXにおける両建てで勝つための必勝法を2種類見ていきたいと思います。これから自分のトレードに両建てを取り入れたい、両建てで勝てる方法を知りたい、という方はぜひ参考にしてみてください!

FXにおける両建てとは?

FXにおける両建てとは、買い(ロング)ポジションと売り(ショート)ポジションの両方保有することを指します。両建ての最大の特徴は、レートがどのように変化しても、片方のポジションの損失をもう一方の利益でカバーできる点です。

しかし万能な手法というわけではなく、利益が損失で減ってしまうこともあります。そのためあまり慣れていないトレーダーは使いどころが難しいのが事実。実際のところ、何の工夫もせずに両建てをしたとしてもほとんど効果はありません。両建てで勝つためには、他の作戦と組み合わせて必勝法と言える戦略を立てることが重要です。

FXで「両建て手法」を使って勝つための方法

それでは、ここからはFXで「両建て手法」を使って勝つための方法を2つご紹介していきます。

両建てを使って勝つためのオススメ必勝法は

  1. スワップポイントさや取り
  2. 両建てナンピン

の2つです。

それぞれ詳しく見ていきます。

1.スワップポイントさや取り

両建てをすると、ロングポジションのスワップポイント+ショートポジションのスワップポイントはマイナスになってしまいます。そうすると、ポジションを持っているだけで損失が発生し続けてしまう可能性が高くなります。

しかし、稀に両方のポジションのスワップポイント合計がプラスになる場合があります。そういったケースでは持っているだけで利益が発生し続けるのです。このように利益を出すことをFXでは「スワップポイントさや取り」と言います。スワップポイントのさやどりで最も理想的なのは、「ロングポジションのスワップポイント」と「ショートポジションのスワップポイント」が両方プラスとなる通貨を探すこと。初心者ではなかなか見つけるのが難しいかもしれませんが、最近ではスワップポイントに関するブログ記事やSNS投稿なども多数ありますので、研究・分析してみるのも一つの手です。

ちなみに、この必勝法には手順があります。
手順通りにやらないと利益が出ませんので、その手法を下記に公開します。

  1. スワップポイントさや取りが可能な通貨ペアを探す
  2. 同じ価格および同じ量で両建てを行う
  3. スワップポイントを稼ぎ続ける
  4. スワップポイントを確認する
  5. 決済する

2番のところで両建てを行うことで、いつ決済してもプラスマイナスゼロになる状態を作り出すことができます。それによって、トレードのリスクを大幅に下げることが可能です。

4番のところでは、スワップポイントは常に変化するので定期的なチェックが必要となります。そして「スプレッドが狭い時」または「スワップポイントがマイナスになった時」に決済するようにしましょう。

初心者トレーダーでも比較的取り組みやすいスワップポイントさや取りの手法ですが、実はこの方法にはデメリットもあります。それぞれ見ていきましょう。

大きな利益が出ない

レバレッジをかければスワップポイントも上がっていくため多少の利益を出すことが出来ますが、スワップポイント自体が微々たるものなので、大儲けするのは厳しいと言えます。

両建てにこだわらず普通に取引したほうが稼げる場合もある

両建てを使ったトレードにチャレンジしてみたい、といった目的がある場合は別ですが、特に必勝法にこだわらないのであれば、初心者トレーダーのうちは普通にFXトレードするほうが稼げる場合もあります。「利益を重視したい」「両建ての手法にこだわりたい」など、どういったトレードスタイルを取るのかによって選ぶべき手法が異なりますので、そのあたりは自分自身で見極めるようにしましょう。

両建てができないFX業者がある

両建ては一見便利な手法のように見えますが、FX業者の中には「そもそも両建てを禁止しているブローカー」も少なくありません。両建て目的で口座を開設したのに規約で禁止されていた、ということがないように、きちんと事前に調べておきましょう。

2.両建てナンピン

2つ目の手法は両建てナンピンです。

こちらの方法は手順が複雑なので、具体的な例を見ていきましょう。

  1. 100円でロングポジションを持つ
  2. 99円に下がったところで「99円のショートポジション」を持つ
  3. 2と同時に「99円のロングポジション」を持つ
  4. 98円に下がったところで、「98円のショートポジション」と「98円のロングポジション」を持つ
  5. 97円に下がったところで、「97円のショートポジション」と「97円のロングポジション」を持つ
  6. z円に下がったところで「z円のショートポジション」と「z円のロングポジション」を持つ

2番のところで、両建てを行うことで、レートが下がっても損をせずに済みます。このケースでは、1番目の100円のロングポジションだけは相殺されませんが、待っていれば「トータルでプラスになるタイミング」が来ますので、そこで決済すれば利益が出るようになります。

とはいえ、こちらの手法も当然ながらデメリットがあります。各デメリットも知ったうえで、自分のトレードに採用するかどうかを決めましょう。

デメリット1:レンジ相場でないと厳しい

この手法の前提として、レンジ相場でないと結果を出すのが難しいという点が挙げられます。相場が一方的に下がり(上がり)続けると、最初に取ったポジションがロスカットされやすくなりますので、レンジ相場(細かな上下が連続する相場)でないと両建てナンピン手法は使えないと考えたほうが良いでしょう。

デメリット2:手順が多い

当然ケースによりますが、両建てナンピン手法では同時に大量のポジションを持つことが多くなります。ポジションを複数持つとトレードがかなりややこしくなり、ミスをしてしまうリスクも上がってしまうため、初心者トレーダーには不向きの手法と言えるでしょう。

まとめ:FXの両建てで勝てる手法は「スワップポイントさや取り」

今回は、FXの両建てにおいて勝てる手法を2種類解説しました。

両者を比較すると、初心者トレーダーでも比較的簡単に取り入れやすく、利益を出しやすいのは「スワップポイントさや取り」の手法です。大きく稼ぐことはできませんが、着実に行っていけば確実に利益を生み出せるでしょう。一方の両建てナンピンは、手順が複雑でややこしいため、初心者トレーダーにはあまり向いていません。

とはいえ、トレードスタイルもトレード手法も、さまざまなものがありますので、情報に惑わされず、自分のトレードルールを貫くのが最も成功への近道です。そのうえで、必要に応じて両建ての手法も取り入れると効果的でしょう。