FXの有名トレーダーから学ぶFX成功の秘訣

FXをこれからスタートさせようとしている方にとって、一番簡単に成功する方法を学ぶ秘訣は「すでに成功している有名トレーダーの真似をする」ことではないでしょうか。SNSなどで個人がメディアとなれる時代、ネットに掲載されている情報がすべて正しいとは言えませんので、自称億トレーダーなどは信用できるものではありません。ただし、テレビや雑誌に取り上げられたり、書籍を出版しているといったトレーダーであれば、それなりに信用できると思われます(とはいえ、トレードは自己責任です)。

ここではFX業界で有名なトレーダーを何人か紹介しますので、彼らの成功の秘訣をぜひ学び、ご自身のトレードに活かしましょう。

cis(シス)

FX業界でその名を知らない人はいないと言われるcis(シス)氏は、日本人トレーダー。大学在学中にギャンブルで稼いだ資金2,000万を元手として株式投資を開始、それから稼いだ資産はなんと230億。株式投資メインながら、先物取引、FX、仮想通貨トレードなど幅広く行っています。

cis氏は当社割安株を購入し長期投資するスタイルを取っていましたが、途中から短期トレードに転換、その後一気に資産が増えたとのこと。億単位の稼ぎをしている人ほど短期の値動きを追っていた、ということを知ったことがきっかけでした。その後投資をし続けたことがさらに資産を増やす要因になりました。もちろん時代が後押ししたということもあるのでしょうが、それでも短期トレードと、やり続けることが重要、ということを教えてくれます。

ただ一部では株式投資がメインであるため、FXは強くないのでは?という声もありますが、実際のところはわかりません。しかし230億を稼いだトレーダーの理論には、それなりに説得力はあるようで、初心者トレーダーを中心に信者が多いのが見て取れます。ツイッターなどに情報を提供しているようなので、気になる方は見てみると良いでしょう。

Aki

トレード歴が15年を超える億トレーダーのAki氏、大学卒業後にFXをスタートしたものの、何度も失敗を繰り返し、借金を抱えたこともあるとか。その失敗経験を糧として、敗因を徹底的に分析、研究を重ねてトレード手法を改善した結果ついに億トレーダーになりました。現在も本業はカリスマ家庭教師の肩書を持つ同氏ですが、FX収入は数億円に上ります。

Akis氏のトレードスタイルですが、スキャルピングによるトレード、またお移動平均線とトレンドラインやチャンネルラインを組み合わせた形のものです。基本的にFXで利益を出すには基本の形を守ること、大きな博打を打たないこと、損切りを躊躇せずに行えるようになること、かつレバレッジを低く抑えてトレードを行うことが成功の秘訣だとか。
またメンタルの強さも投資には必要なのだとか。相場の上がり下がりに一喜一憂しているだけでは、大きな利益を出すことは難しいと言えるかもしれません。

Sai

Sai氏は投資歴が17年にも及ぶFX業界でも有名なトレーダー。大学を卒業した後、アルバイト資金で株式投資をスタートさせるものの、あっと言う間に数百万を失ってしまいます。その経験をもとに、心理学をはじめ、脳科学などを学び、独自トレードスタイルを確立したところ、資金を増やせるようになったとか。一説には資産が億を超えているというという噂もあり、トレード手法を学びたいトレーダーの一人です。最近は投資系YouTuberとしてチャンネルを持っており登録者数を確実に増やしています。

Sai氏のトレード理念は、近視眼的な利益を追わず、集中力を切らすことなくハングリー精神を持ってトレードに臨むことだとか。メンタリスト的に心理学と投資を合わせて考えるところは、一般のトレーダーには受け入れがたい部分もあるかもしれませんが、多少の値動きにびくともしないメンタルの強さはトレードには必要です。

与沢翼

ネオヒルズ族としてメディアにもよく出演していたこともで有名な与沢翼氏。彼もFX界隈では有名人の一人です。早稲田大学時代から30代前半までは実業家として活動していたものの、その後FXを開始、資産を70億にまで増やしました。このトレード手法に関する情報はツイッターやYouTubeでも情報発信されているので目にすることも多いのではないでしょうか。

彼のトレードはスキャルピングがメイン。短期的な利益を上げながら回数を重ねたトレードを行うスタイルです。また、エリオット波動というチャートの波を捉えて、トレンドを読んで押し目・反発を狙うトレードも行っています。

ぶせな

年間2,000万円を稼いでいると言われているFXトレーダーのぶせな氏。2007年頃よりFXトレードを行うようになったものの、知識もなくただやみくもにトレードを行った結果1,000万を超えるほどのマイナスを出してしまいます。その後自身のトレードを必死に研究し、改善に向けて試行錯誤した結果、利益を出せるように。その後は億トレーダーとして累計損益は1億5,000万のプラス、書籍出版や不動産投資などを行いながら自身のトレードスキルやノウハウを多くのトレーダーに伝えています。

ぶせな氏のトレードスタイルは、スキャルピングとデイトレードがメイン。そんなぶせな氏がトレーダーに伝えているのが、資金効率の優先か投資効率の優先か、どちらかはっきりさせることが重要とのこと。資金効率が高いスキャルピングは、長い時間相場に張り付いていられる専業トレーダーに合った投資スタイルですが、兼業投資家は投資効率を優先して、時間のない限られた中で、最大限大きな値幅を獲得できるトレードを行うのがベストであると言っています。これを逆にしてしまうとただ資産を失うことにつながってしまうので、自身のトレードスタイルをまずは確立することから始めましょう。

蜂屋すばる

蜂屋すばる氏はFXトレーダーでもありながら、アナリストでもあります。数百万の資金から投資をスタート、数々の失敗をしながら、現在では1,000万を超える資産を稼いでいるようです。そのテクニックやアナリストとしての分析力を買われ、YouTubeやテレビ、ラジオ、雑誌といったメディア媒体にも登場しています。

蜂屋すばる氏のトレードスタイルは、スイングトレード。特にテクニックを駆使してトレードを行うといった事もなく、ストレスないトレードを意識し、実践するのは平行チャネルを引くだけのシンプルなもの。動画では各通貨ペアにおけるチャート分析や値動きについて詳細に解説してくれているなど初心者向き。蜂屋すばる氏のチャート分析を真似るだけでも利益を出せる可能性は高まります。

ファンダメンタルを無視し、テクニカル分析のみでトレードをする徹底ぶりが魅力。初心者トレーダーでも真似できるのでおすすめです。

まとめ

ここでは6人のFX業界でも有名なトレーダーを紹介してみました。紹介して気付いたのは、皆さんがシンプルなトレードを行っており、博打的なレバレッジに頼ったトレードはあまり行っていない事。短期トレードで回数を重ねるスキャルピング手法が地道な作業となりますが、一番利益を出しやすいように思います。
この記事が、何かしらの参考になれば幸いです。