FXでの放置戦略の使い方

今回は、FX取引における立派な戦略の一つである「放置」について説明します。
残す」と聞くと、とてもリスクが高いように感じるかもしれませんが、実はそうではありません。

FXでの放置戦略の使い方
まずは、リーブ戦略のやり方をご紹介します。
といっても、とても簡単です。

エントリー
撤退
売り

FX取引の本質は、大雑把に言えば「上がるか下がるかを予測するだけ」です。
ですから、上記の方法も有効です。

ほっといてもちゃんと予測できないよ」と思うかもしれませんが、意外とそうなんです。

信じられないという方は、「長時間チャートを見てから予測」と「短時間チャートを見てから予測」の両方を何度か試して、結果を比較してみてください。

特に、FXの初心者であればあるほど、結果に大きな違いはないはずです。
ちなみに、この実験は「デモトレード」を利用すれば無料で行うことができます。
もちろん、「普通にチャートを見ているだけで、売買をしない」というのもいいでしょう。

では、1~3を具体的に見ていきましょう。

1)エントリー
放置しているわけですから、そうはいっても「不測の事態に対応できない」などのリスクはあります。
そのため、小さな取引量でエントリーすることが重要です。
また、取引量が少なければ少ないほど、「安心して任せられる」はずです。

“儲からない “と感じるかもしれませんが、高いレバレッジ率を使っていればそうはなりません。

国内FX会社のレバレッジは最大25倍ですから、最大1000倍の海外FX会社で取引するべきです。
(XMやGemForexは高レバレッジで有名です)

また、海外FX会社の多くは「ロスカット制度」(追加支払いをしない制度)を導入しています。
国内のFX会社でこの制度を持っているところはありませんので、「海外のFX会社の方が安全」と言えます。

また、ここでは詳細な計算を省略していますが、「レバレッジが高いとロスカットが起こりにくい」ので、残しておいた方が楽です。

2) 放棄
放棄する前には、そのための準備が必要です。
つまり、具体的には

リミットオーダー
ストップ・リミット・オーダー
両方の注文

ここでは、その説明をします。
詳しく説明します。

指値注文
“指値注文 “とは、指定した価格に達したときに、自動的に利益を得るための注文のことです。

例として

エントリー時の価格が「1ドル=100円」だった場合
価格が “1$=101円 “になった時点で自動的に売却されます。

価格が「1ドル=101円」になった場合、自動的に売られることになります。
いずれにしても、自動注文ですので、放っておいても問題はありません。
また、「一時的に価格が上がるが、それ以外はずっと下がる」といった動きを見せることがありますが、その「一時的な価格上昇」を見逃さないようにします。

ストップロス注文
“ストップロスオーダー “とは、指値注文とは逆方向に価格が動いたときに、指定した価格で自動的に損切りをする注文のことです。

例えば、1$=100円でエントリーしたとします。
“指値注文が1$=101円の場合。
“If the limit order is 1$=101yen, the stop loss order will be 1$=97yen. “となります。

こうすることで、「含み損が巨大化する」という事態を回避することができます。
ある時点で自動的に損切りすることができるようになります。

ここでは、「1円上がったら利確し、3円下がったら損切りする」と設定しています。
つまり、「上昇と下降の幅を合わせる必要はない」ということです。

また、ここでは詳しく説明しませんが、"空売り “という方法を使えば
“X円下がったら利食い、Y円上がったら損切り “という注文を出すことも可能です。

ちなみに、退場しない方針のFXトレーダーであっても
ある程度慣れている人であれば、まず間違いなく逆指値の注文をしています。

また、「残すタイプのFXトレーダー」であれば、絶対に逆指値注文をしなければなりません。

ダブルデノミネーション
簡単に言うと、「売りと買いの両方のポジションを持つ」という方法です。
これにより、含み損・含み益を確定させることができます。

しかし、この両建てについては、FXトレーダーの間でも賛否両論があります。
また、「単純計算で手数料やスプレッドが2倍になる」とも言えますので、FX取引に慣れないうちは、両建てをする必要はないと思います。

きちんと指値注文と逆指値注文をしていれば、基本的にはそれで十分だと思います。

むしろ、両建ては「他の様々な手法と組み合わせるための戦略の一つ」と考えておきましょう。

なお、両建てを禁止しているFX会社もあります。

売りの場合
指値注文や逆指値注文をしておくと、自動的に売られます。
お客様が意識する必要はありません。

FXにおける戦略放置のメリットは大きく分けて3つ
さて、具体的にFXにおける「放置」のメリットを見ていきましょう。
大きく分けて3つあります。

メリット
手数料やスプレッドが抑えられる
メンタル面
自由な時間が増える

以下、説明していきます。

(1)手数料やスプレッドが削減できる
FX取引を行う際には、スプレッドや売買手数料が発生します。
そのため、「損失を取り戻そう」と考えて何度もエントリーしていると、小さなマイナスが積み重なっていきます。

正しいエントリーポイント」が何度も発生するのであれば、「何度もエントリーする」ことに意味がありますが、実際には良いエントリーポイントはそれほど多くはありません。

(2)メンタル面
1」で述べた「負けを取り返そう」と同じですが、ただ漠然と「何かをしよう」と思うだけでは判断力が鈍ります。
ですから、先ほど説明したように、指値注文と損切り注文が完了したら、チャートを見ずに別のことをするようにしましょう。
そうすれば、トータルの結果はプラスになります。

また、「FXで安定した利益を上げよう」と思うと、必然的に長い時間取り組むことになります。
そのため、「捨て身の戦略」で毎日のストレスを少しでも軽くすることも大切です。
ストレス」「プレッシャー」「興奮」を甘く見ていると、致命的なミスをしたり、どこかで潰れてしまったりするものです。

自由時間が増えます。
極端な例ですが、「FXで年収10億円だけど、土日以外は18時間モニターに張り付いている」のと、「FXで年収1000万円だけど、FXで1日1時間しか働いていない」のとでは、どちらが良いでしょうか?

“FXが楽しくて楽しくて仕方がない “という人は別ですが。
後者のような生き方をしたいと誰もが思っていますが、「FXが楽しくて仕方がない」という人は別です。

ほったらかしにすることで、自由な時間が増えます。

“FXを楽しむ “ということは、"FXを楽しむ “ということでもあります。

例えば、「時間が欲しい」「世界を旅したい」「豪華な家を建てたい」「毎日おいしいものを食べたい」などです。
これらの「目的」を意識してFXに取り組みましょう。
そうしないと、モチベーションの維持が難しくなります。

FX口座を放置している人へ
FX口座を放置してしまう理由のひとつに、「FX取引で損をして、口座残高がゼロになってしまったので、そのままにしている」という方が多いのではないでしょうか。

お恥ずかしい話ですが、私も過去にそのような経験をしたことがあります。

FXをやっていると、利益が出るときもあれば、損失が出るときもあります。

損失を出して、もうFXに投資する自己資金がない!?そう思っている人もいると思いますが、そんな人には、FXの口座開設ボーナスを使って、無料でトレードしてみることをお勧めします!

FXのいいところは、口座を開設するだけでボーナスがもらえることです。

例えば、有名なFX会社の一つであるGEMFOREXでは、口座開設で2万円がもらえます。例えば、GEMFOREXでは口座開設で20,000円、XMでは口座開設で3,000円がもらえます。

少ないと感じるかもしれませんが、最大レバレッジが高いので、2万円の証拠金でも十分に取引ができます。ちなみに、GEMFOREXの最大レバレッジは1,000倍です。

口座開設時にボーナスがもらえるので、ハイレバレッジで一攫千金を狙ってみてはいかがでしょうか。口座開設はわずか2分で完了します。

海外FXのやり方やボーナスキャンペーンについてはこちらの記事をご覧ください。

まとめです。
本記事では、FXにおける捨て身の戦略について解説しました。

一言で言えば

指値注文
逆指値注文
両方の注文(必須ではありません

をクリックして、そのままにしておきます。

こうすることで、「利確」も「損切り」も自動的に行われるので、自分の感情や精神状態に左右されることがありません。
また、手数料やスプレッドを抑えて、利益を伸ばすことにもつながります。
さらには、「自由な時間」を増やすこともできます。

一生懸命」FXをやっているのに全然勝てないと悩んでいる方は、「一生懸命」をやめて、「ほったらかし」という戦略を試してみてはいかがでしょうか。

■fx 両建て 手法

FXの両建て手法とは?メリットや必勝法・おすすめ口座5選を紹介

FXの「両建て」とはどういうこと?疑問に思うことはありませんか?

投資戦略の一つですが、これを知っているか知らないかで、今後の収益性やリスク回避度が大きく変わってきます。

必ずしも両建てをしなければならないわけではありませんが、FXトレーダーとして身につけておきたい重要な知識です。

それは、「本来なら負けていた投資を、勝ちに変える」ことができる手法です。
この記事では、FXの両建ての意味やメリット、デメリットなどを詳しく紹介しています。これを読めば、あなたも今日から両建てを使いこなせるようになりますよ
この記事は、FXで利益を出す方法を紹介するものではありませんので、FXは自己責任で行ってください。

ダブルデノミ」の意味とは?
同じ通貨ペアで「買い」と「売り」の両方のポジションを持つことを意味します。
買い(ロングポジション)」と「売り(ショートポジション)」の「両方」を同時に持つというのはどういうことですか?

通常、通貨ペアのポジションを持つときは、「買い」か「売り」のどちらかを選択しますよね。
実は、両方のポジションを持つことの最大の意義は、「買い」か「売り」のどちらかを選択した場合のデメリットを補うことにあります。
例えば、為替市場の相場が急変すると、必ず「急上昇」か「急下降」という極端な結果になってしまいます。そのため、「買い」か「売り」かの現在のポジションによっては、大損するリスクがどうしても高まってしまうのです。

ある通貨ペアで「買い」と「売り」のポジションしか持っていない場合
買いポジションのみ
市場が上昇したときに利益が出る/市場が下落したときに損失が出る
売りポジションのみ
市場上昇時の損失/市場下降時の利益

しかし、同じ通貨ペアで「買い」と「売り」の両方のポジションを持っている場合(両建て)は、どちらの市場でも損失をカバーすることが望めます。
1つの通貨ペアで両方のポジションを持っている場合
市場の上昇
売り」の損失を「買い」の決済利益でカバーします。
相場の下落
買い」の損失が「売り」の決済利益でカバーされます。

利益が損失を上回れば、利益を確保すると同時に、単純にマイナスを相殺することが可能となる。
このように、ダブルデノミの本質は「為替変動のリスクを軽減する」ことにあります。

ダブルデノミを利用して同一通貨ペアの利益を確保する投資スタイルは「抱き合わせ」とも呼ばれる。

FXで両建てを利用するメリットは以下の通りです。

FXにおける通貨ペアのメリット
為替レートの急激な変動をヘッジすることができる。
含み損をカットし、負けるリスクを減らすことができます。
少ない証拠金で取引ができます。
税金対策になります。
1外国為替市場の急激な変化をヘッジすることが可能です
外国為替市場は予測不可能な世界です。プロのトレーダーであっても、市場の動きを完全に把握することはできません。

世の中のさまざまな出来事に応じて市場は変動します。一国の大統領のちょっとした発言で、相場が急落したり急騰したりすることも珍しくない。

だからこそ、「もしも」に備えておきたい。
そこで、FXの両建てをすることで、為替レートの大きな変動による損失のリスクを軽減することができます。
“1つのポジションだけ “を持っていれば、大きな損失を避けることができるかもしれません。したがって、ダブルデノミはリスクヘッジの手段としても意味があるといえるでしょう。

2含み損を減らし、負けのリスクを減らす
FX取引では、常に勝てるとは限りません。相場が読めなかったり、決済の判断が遅れたりして損失が確定してしまうことは避けられません。

FXで大切なのは、長く投資を続けられる「粘り強さ」です。
では、その “粘り強さ “をトレードで発揮するにはどうすればよいのでしょうか。その答えは人によって異なりますが、「損失を相殺する」ことができる方法のひとつとして、両建てのトレードがあります。

倍返しで “含み損 “を減らすアプローチをすれば、投資資金の損失を抑えて長期的な勝負ができるようになる!
二重円買いで含み損を減らす方法の例
現在、あなたは「1ドル120円」×1,000通貨の買いポジションを持っています。
この時、市場価格は「1ドル=100円」となり、20円の円高になっています。
含み損は「20円×1,000通貨」で20,000円。
その後、相場が「1ドル=110円」となり、10円の円安になったので、1,000通貨の売りポジションを持つことになります。
すると、売りポジションの含み益は「10円×1,000通貨」で10,000円になります。
その結果、「買いの含み損2万円-売りの含み益1万円」で、トータルの損失を1万円に抑えることができるのです。

3少ない証拠金で取引ができる
日本では、両建ての必要証拠金を1ポジションのみとしているFX会社が多くあります。

つまり、「買い」と「売り」の両方を行っても、コスト負担を軽減することができるのです。
このような証拠金制度は「両建てマックス方式」とも呼ばれています。
例えば、次のような両建てを想定してみましょう。

ドル/円のダブルデノミの場合
10,000通貨の買いポジションを持つ
1,000通貨の売りポジション

この場合、2通貨マックス方式では、保有数が最も多いポジション(1万通貨)にのみ必要証拠金が適用されます。

10,000通貨の買い-1,000通貨の売り」で相殺された9,000通貨には必要証拠金は適用されませんのでご注意ください
両建てを駆使してFX取引をしたい方は、Max方式を採用している業者を選んで口座開設をするとよいでしょう。

ただし、業者によっては「買い」と「売り」の両方に証拠金が必要な場合もあります。
4税金対策にも使える
マニアックな使い方ではありますが、両建ては税金対策にも応用できます。

例えば、年末に含み益のあるポジションを持っていたとします。
このポジションを新年前に決済してしまうと、当然ながら収支が増加するので税負担が重くなります。年末にポジションを決済することで税金が発生することが予想されるのであれば、決済せずに翌年に持ち越すのが賢明でしょう。

しかし、持ち越している間に為替が急変動し、含み益が含み損になってしまったら……。
そんなときは、両方のポジションで持ち越すのとは逆のポジションを持つことで、リスクをヘッジしましょう。

確定した含み損による税負担」と「両方のポジションを翌年に持ち越すことによるリスク」を天秤にかけて判断することが重要です。
無理にこの方法を使う必要はありませんが、ある程度FX取引に慣れてきたら、テクニックの一つとして使ってみてはいかがでしょうか。

FXの両建ての必勝法とは?
FXの両建てでの必勝法はありますか?

両方のポジションで負けないための必勝法はありますか?
相場は予測不可能なので、両建てポジションの「必勝法」はありません。
これまでご紹介してきたように、両建てはFX取引において最も戦略的な手法のひとつです。"自分には難しい “と思っていても、経験を積むことで将来的には使えるようになります。

ダブルディノミネーションを使うのは、たいていの場合、より多く勝ちたい、あるいはより少ない損失で済ませたいときです。
ここで注意しなければならないのは、倍返しに必勝法はないということです。
ただし、急激な変化に対応できず、結果的に大きな損失を被るリスクがあることは否めません。

しかし、トレーダーのブログなどでは、「両建ての必勝法」について書かれている記事をよく見かけます。
そもそも、「必勝法」という言葉にはパラドックスがあります。例えば、日本中のトレーダーがある必勝法を実践しているとします。

それは「必ず勝てる」と謳われている手法ですから、文字通りそれを実践している人は皆、FXで勝てるはずですよね?

しかし、FX取引は、取引によって「負けた人」と「得た人」が存在する世界です。
もし、外国為替市場の参加者(プレイヤー)全員が勝てるようになったら、その時点でFX取引のシステムは破綻してしまいますよね?

このように、初心者、中級者、プロを問わず、「こうすれば必ず両建てで勝てる」ということはあり得ません。
むしろ、「両建てには常にリスクが付きまとう」と言った方が正しいでしょう。

FXにおける両建てポジションのリスクとデメリット
FXで両建てポジションを行うリスクとは?

メリットだけではなく、以下のようなリスク・デメリットがあります。

FXの両建てのリスクとデメリット
スプレッドが拡大し、コストが増大する
スワップポイントの活用ができなくなる
両建てポジションを「塩漬け」にすると、ロスカットの可能性があります。
1スプレッドが拡大し、コストも増加する
先ほど、「両建てマックス方式」で証拠金負担が軽減されるとお伝えしました。同じ通貨ペアで「買い」と「売り」の取引量が同じであれば、証拠金のコストは1/2で済みます。

ところが残念なことに、FX取引の手数料である「スプレッド」は、両方のポジションにしか発生しません。
つまり、両方のポジションを行う時点で、片方のポジションだけを持って行う一般的な取引よりもスプレッドの負担が増えることを覚悟しなければならないのです。

両建てによるスプレッド負担は、結果的に含み益を大きく減らすことになりかねません。……
この記事はこちらもおすすめ
FXのスプレッドとは?各社の比較・計算方法を徹底解説!

2スワップポイントを活用できない
スワップポイント・スワップトレード」とは?
スワップポイント・スワップトレード」とは、通貨ペア間のスワップポイントの差を利用して利益を得る方法のことです。
スワップポイントとは、2つの通貨間の金利差から得られる利益のことで、「インカムゲイン」とも呼ばれています。
スワップポイントを利用したスワップ取引は、急激に変動する為替相場に慣れていない初心者向けの手法として知られています。

大きな利益を得ることは難しいですが、スワップポイントの差で一定の利益を得ることは可能です。
ただし、両建てをするとスワップポイントが相殺されてしまうので、注意が必要です。
FX会社によっては「高水準のスワップポイント」をアピールしているところもありますので、その会社を利用するメリットを活かせない場合もあります。

この記事もおすすめ
最新版】25社のスワップポイント比較表!おすすめのFX会社

3両方のポジションを「塩漬け」にした場合、ロスカットの可能性があります
塩漬け」とは?
あるポジションを決済せずにずっと持ち続けることです。株式取引の世界でも使われています。
FX取引で両建てをしたときには、素早い判断で決済行動をとることが必要です。"両方のポジションを持つことでリスクヘッジをしているから、とりあえず様子を見よう “とか、"もう少し我慢すれば、相場に新しい波が来て立ち直るかもしれない “などと考えることもあるでしょう。

このような考え方は非常に危険ですので、くれぐれもご注意ください。

自分が意図していないタイミングで突然相場が変わり、損切りを余儀なくされるリスクが高まります

ロスカットを「待つ」ことはできません。

FX

Posted by www263535