FXとは?

★そもそもFXとは?基本から理解を深めていきましょう。
FXとは「Foreign Exchange」の略語で、外国為替証拠金取引のことを指します。外国為替取引とは、円とドル、ユーロとドルなど、異なる通貨を外国為替で売買・交換することです。証拠金取引では、取引の担保として一定の金額を預けることで、証拠金の数倍、数十倍、数百倍の取引を行うことができます。

つまり、FXとは、一定額の証拠金を担保として預けることで、証拠金の数倍、数十倍、時には数百倍の外国為替取引を行う、資産運用の手段のひとつなのです。

★レバレッジ効果で大きな利益を狙えます。
・レバレッジ効果で少額の資金でも大きな利益を狙うことが可能です。

レバレッジはFXの最大の特徴です。FXの最大の特徴は「レバレッジ」です。レバレッジ効果を利用することで、少ない資金でも大きなリターンを狙うことができます。
レバレッジとは「てこ」という意味ですが、この「てこ」の効果を利用するイメージで、FXは投入した証拠金の数倍から数百倍の取引ができる仕組みになっており、少額の資金でも大きな利益を狙うことが可能になります。

例えば、証拠金の10倍の取引(レバレッジ10倍といいます)をする場合、証拠金が10万円なら100万円相当の取引、レバレッジ20倍なら200万円相当の取引、レバレッジ100倍なら1,000万円相当の取引ができます。

★24時間リアルタイムで取引ができます。
・24時間、好きな時に、好きなだけ取引ができます

外国為替市場は、ニューヨーク、東京、香港、ロンドン、シドニーなど、世界の主要都市で運営されています。外国為替市場は、ニューヨーク、東京、香港、ロンドン、シドニーなど、世界の主要都市で運営されています。つまり、外国為替市場は24時間世界のどこかで開かれており、世界的に見ても「眠らない市場」なのです。
通常、外貨預金は銀行の営業時間内(主に9時から15時)、株式は市場の営業時間内(主に9時から11時、12時30分から15時)にしか取引できないので、これは本当に大きなメリットです。

また、FXで取引できる為替レートは、外貨預金のように1日1回の固定レートではなく、世界の外国為替市場で時々刻々と変動する為替レートにほぼ連動しています。つまり、FXはプロの為替ディーラーのように24時間リアルタイムで取引ができ、経済指標が発表されて為替レートが大きく動いても稼ぐ機会を失うことがないのである。

★金利収入であるスワップ金利を得ることができます。
・口座を保有している間は、毎日、金利差をスワップポイントとして受け取ることができます。

金利収入であるスワップポイントを得ることができるのも、FXの大きな特徴です。ご存知の通り、日本の金利は非常に低い水準にとどまっていますが、世界に目を向ければ、金利の高い国はたくさんあります。

FXでは、円などの低金利の通貨を売って、ドルやユーロなどの高金利の通貨を買うと、金利の差に相当する金額をスワップポイントとして受け取ることができます。例えば、米ドルの金利が4%、日本の金利が1%の場合、円を売ってドルを買う(「買いポジション」といいます)と、この買いポジションを保有している間、毎日3%(4%-1%)のスワップポイントを受け取ることができます。

このスワップポイントの額は、レバレッジ効果を元本として活用して算出されるため、レバレッジをかけない外貨預金に比べて格段に高い金利収入を得ることができます。

FX

Posted by www263535