日本の投資家人口

日本にはどれくらいの数の個人投資家がいるのか、気になったことはありませんか?

海外ではウォーレン・バフェットやピーター・リンチ、ジム・ロジャーズなど有名な投資家がたくさんいますが、日本の投資家はそれほど有名ではありません。

では、日本人は投資をどのように捉えているのでしょうか?

また、日本人のマネーリテラシーはどこまで進歩しているのでしょうか?

今回は、そのあたりを詳しく見ていきましょう。

日本の個人投資家人口はどのくらい?
東京証券取引所の発表によると、日本の投資家人口は5,129万人です。

しかし、日本の人口から見るとかなり少ないことがわかります。

では、なぜ日本の投資家の数は少ないのでしょうか?

それは、日本人の考え方や傾向と深く関わっている。

日本人は投資に向いていないというのは本当ですか?
世界的に見ても、日本人は投資に向いていないと言われています。

これは、日本人が

“お金は汗をかいて稼ぐもの
“働くことは美徳である"
“投資はギャンブルであり危険である"

と、投資はギャンブルであり危険であることを

では、なぜそのように考えるようになったのか。

次の段落で詳しく見ていきましょう。

なぜ日本人は投資の知識がないのか
日本人の投資やお金に関する知識はかなり低い。

老後2,000万円」などの問題が出てきた今、これはかなり問題です。

そのため、世間では

投資信託
株式投資
外国為替
マネーリテラシー
これらは話題になっているキーワードの一部です。

しかし、日本ではまだまだ投資やお金に違和感があります。

それはなぜか?

教育の問題
一番の理由は、教育の問題です。

日本では、英語、国語、社会、数学、理科などは必修科目ですが、お金に関する授業は必修科目でもなければ、カリキュラムにも含まれていません。

そのため、生活に欠かせないお金の知識を学ぶことなく成長してしまうのです。

そのため、日本人はお金の使い方、貯め方、増やし方などの知識がほとんどありません。

教育を受けていなければ、当然、投資の知識もありませんよね。

お金に関する本を読んだり、自分でググったりして知識を得ることはできますが、小中高生のうちにこれらのことを自主的にやろうとする人は少ないでしょう。

しかし、欧米諸国は違います。

小学校のカリキュラムにお金に関する教育を取り入れ、幼少期からお金に関する知識を身につけます。

その代表的な例がモノポリーを使った教育です。

モノポリーとは、簡単に言えば、自分の資産を増やす方法を学ぶすごろくゲームです。

小さい頃からこのようなゲームをすることで、資産を増やしてお金を稼ぐための正しい知識を身につけることができます。

イギリスでは、学生が仮想的に株を買って、その動向を学ぶカリキュラムもあるそうです。

このような教育を受けた子どもたちは、自然とマネーリテラシーが身についていきます。

しかし、日本ではそのような教育が行われていないため、子どもたちはお金に対して無知な状態で社会に放り出されてしまいます。

そのため、「お金の教育をしていないのに、政府が投資を促進するのは無責任すぎる!」という声があります。お金の教育がないのに、政府が投資を促進するのは無責任だ!」と言う人もいます。

確かにこれは正論ですが、今さら何を言っても仕方がありません。

大切なのは、自分自身がマネーリテラシーを身につけることであり、子供たちに間違った知識を植え付けることではありません。

既成概念
日本人が投資に関する知識を持たない理由はもう一つあります。

それは、日本人の固定観念です。

お金は一生懸命働いて稼ぐものだという固定観念が、日本には昔から根付いています。

そのため、この固定観念を持った大人が子供にそれを植え付け、さらにその子供にもそれを植え付けるという悪循環に陥っています。

それは、自分の親にも言えることかもしれません。

“投資は危険だから、一生懸命働いてお金を稼ぎなさい!

あなたは親から「投資は危険だから、一生懸命働いてお金を稼ぎなさい」と言われているかもしれません。

これは、先ほどお話した日本の教育が大きく関係していて、その古い固定観念が今でも根付いているのです。

その結果、現在の中高年層を中心とした

“投資は危険だ、ギャンブルだ。

“お金に投資することは悪いことだ"

“投資は危険だ。

このような考えを親から植え付けられてしまうと、その固定観念を頭に入れたまま大人になってしまい、負のループに陥ってしまいます。

ちなみに、損をしても、パチンコやスロットで損をするのはOKだが、FXや株で損をするのは絶対にダメだ!と思っている人が多いようです。

この考え方については、もう意味がわかりません。

貯蓄率から見た日本と海外のお金の傾向
日本人は節約志向が強いと言われています。

アメリカでは貯蓄率が10%以上、ヨーロッパでは30%以上であるのに対し、日本では50%以上となっています。つまり、日本人はかなり保守的で、お金を貯めることは安全だと考えているのです。

これを裏付けるのが、投資比率です。

株式や投信の比率は、アメリカでは50%以下、ヨーロッパでは30%以下であるのに対し、日本では10%程度です。

日本ではこのような問題に対応するため、投信や預貯金(NISA)を推進していますが、知識がないために投資を始めることができないのが現実です。

なぜ日本人は貯蓄好きなのか?
では、なぜ日本人はこれほどまでに貯蓄が好きなのでしょうか。

その答えはとてもシンプルです。

貯金することが最も安全で確実な方法だと考えているからです。

マネーリテラシーの低い日本人は、手元にお金があれば、何かあったときに役に立つと考えているのです。

たしかに一理ありますが、お金は寝かせておいても増えません。

超低金利の昨今、銀行に預けていてもお金は増えませんし、将来的には休眠口座の維持費を取られる可能性もあります。

物価が上がれば、お金の価値は下がりますから、額面上は減らなくても、価値そのものは下がる可能性があります。

ですから、「貯金は安全で、絶対に減らない」という考えは、今すぐ捨てるべきです。

また、多くの日本人は寄付をすることに違和感を覚えます。

それは、自分のお金がなくなってしまうからです。

日本人は非常に保守的で、自分のお金を自分のポケットに入れていれば、将来的には安全だと考えています。

そのため、他国に比べて寄付や募金の額が圧倒的に少ないのです。

日本人のマネーリテラシーは低すぎる。
日本人の中には、高頻度で宝くじを買う人もいる。

宝くじを買うことが悪いことだとは言いませんが、宝くじの当選確率を考えると、お金をドブに捨てているのと同じことです。

当たる確率もかなり低いのですが、当たっても還元率は50%以下で、買った瞬間に損をする仕組みになっています。

節約が大好きで、自分のポケットからお金を出すのが嫌いな日本人でも、「1等賞7億円!」と聞くと、「え?お金を貯めるのが大好きで、自分のポケットからお金を出すのが嫌いな日本人でも、その裏にある当選確率や収益率を考えずに宝くじを買ってしまう。

これは、日本人のマネーリテラシーが低すぎるからです。

もし彼らが若い頃から金融教育を受けていれば、宝くじがいかに儲からないかをすぐに理解できたかもしれません。

貯蓄から投資へ、日本人の意識改革が必要
これからの日本人は、「貯蓄脳」から「投資脳」への発想の転換が必要です。

投資は決して悪ではありません。

私たちの生活を豊かにし、企業を儲けさせて経済を良くし、株主に配当や特別な利益を与えることができます。

つまり、投資は多くの人に笑顔をもたらすことができるのです。

もちろん、投資で損をすることもありますが、利益を生み出すこともできます。

貯金ばかりしていてもお金は増えませんが、マイナス金利や銀行の倒産などでお金が減ってしまうこともあります。

改めてお金についてよく考え、学ぶことが、これからの時代を生き抜くための鍵となるでしょう。

まとめ
日本人のマネーリテラシーは低い。

投資よりも貯蓄に走る傾向があるが、今後は貯蓄ばかりしていても安全ではない。

そのため、改めてお金に関する知識を得て、貯蓄脳から投資脳への転換を図る必要がある。

投資には、投資信託、株式、保険、FXなど様々な方法がありますが、このサイトでは、FXの投資方法について詳しく紹介しています。

FXと聞くと、それだけで抵抗を感じる方もいらっしゃると思いますが、それはいわゆる節約脳です。

FXは余剰資金で堅実に投資すれば、小資金でもコツコツと稼ぐことが可能です。

FXをするなら、国内の会社を利用するよりも海外の会社を利用した方がリスクが少ないです。

私の個人的な意見ですが、まずは投資をしてみることをお勧めします。

難しく考えずに、少額であっても実際に自分の大切なお金を投資してみると、必然的に興味が湧いてきて動きを見るようになります。

興味のなかった「経済・金融に関するニュース」にも敏感になり、スマートフォンでゲームばかりしていた人も、ネットニュースや金融記事を読むようになるでしょう。

海外のFX会社には、口座を開設するだけでお金がもらえるところがたくさんあります。

海外特有のものかもしれませんが、スマートフォンであれば数分で口座開設できます。

日本語に対応している大手の海外FX会社で口座を開設し、ボーナスをもらって、そのお金で投資をしてみることをお勧めします。

負けてもボーナス分がなくなるので、懐が痛まないのです。

FX

Posted by www263535