FXの口座を放置したらどうなるの?口座凍結まで徹底解説

現在FXトレードをしている人の中には、「トレード以外のことが忙しくなり、口座を使用していない期間が長くなってしまった」「一度FXをやってみたけど負けてしまってそれ以降はトレードをしていない」と言った理由から、口座を放置してしまっているトレーダーもいるのではないでしょうか。

また、これからFXにチャレンジしようとしている人の中にも、ずっとトレードをし続けられるかわからないから、「もし口座を放置してしまったらどうなるのか?」という点を知っておきたいという人もいることでしょう。

そこでこの記事では、FX口座を放置した場合にどうなるのか、またどのような順序で口座凍結に至ってしまうのか?、といった内容について詳しく解説していきます。

FXでは口座を放置したらどうなる?

それでは早速、FXで口座を解約せずに放置したらどうなるのか、チェックしていきましょう。

もしもFX口座を放置した場合、起こる可能性があることとしては、

  • 口座維持手数料が差し引かれる
  • 口座が凍結される恐れがある
  • 勝手にアカウントへログインされる可能性がある

という3つが挙げられます。

一つずつ詳しく解説していきます。

口座維持手数料が差し引かれる

まず、FX口座を長らく放置しておいた場合の大きなリスクの一つとして、口座を維持するための手数料として「口座維持手数料」を取られるケースがあります。全くトレードを行っていないのに手数料が毎月差し引かれるのはかなり痛手です。

とはいえ、どのFX業者でも口座を放置したら必ず口座維持手数料を取られてしまうというわけではありません。また、口座残高がゼロである場合には、口座維持手数料は引かれない場合がほとんどです。

ただし口座残高がある場合には、そこから毎月数百円程度差し引かれてしまいます。数百円だからあまり大きな金額ではないと思うかもしれませんが、仮に月500円の口座維持手数料が引かれるとしたら、年間で7,500円になってしまいます。塵も積もれば山となるので、気を付けておきましょう。

特に一部の海外FX業者では、FX口座を放置したと見なされ他タイミングで口座維持手数料を支払わなければならないケースもありますので、「これから口座を放置するかもしれない」「絶対に口座維持手数料を取られたくない」という方は口座を開設しているFX業者の規約をよく確認しておきましょう。

口座が凍結される恐れがある

実は、FXの口座を開設したものの、取引をせずに放置してしまっているという人は少なくありません。放置する理由としては、忙しくてトレードに割く時間が取れない、他のメイン口座ばかりに集中してしまいサブ口座にまで管理が回らない、とりあえずFXを始めてみたけどやり方がよくわからずイヤになってしまった、など様々なものがあるでしょう。

そんな時気になるのが、口座開設したFX業者が「放置された口座に対してどのような対処を行うか」という点です。

口座を放置した場合の対応というのは、FX業者ごとに異なるため、断言はできませんが、業者の傾向を見ると、

  • 対処やペナルティなどはなく、放置していても問題ない(数年ぶりに取引をしてもスムーズに再開できる)
  • 数か月以上放置されると口座が凍結される

という2パターンに分類されることが多いようです。

放置していても全く問題ないという場合には、口座維持手数料のことや再開の手続きなどについては考慮する必要がありません。しかし、そういったFX業者でも、あまりにも長く休眠していて口座が凍結してしまった場合にはログインが出来なくなってしまう可能性もあるため気を付けておきたいところです。仮に口座凍結となってしまうと、すぐに取引を再開したいと思ってもトレードをすることが出来ません。凍結を避けるためには、定期的に入出金するなどして口座を利用しておくことがポイントです。

ちなみに、口座凍結を解除するには、FX業者に連絡をするだけで比較的簡単に解除することができますが、再審査に時間がかかる場合もありますので覚えておきましょう。

勝手にアカウントへログインされる可能性がある

たいていのケースでは、口座を放置しておいても口座自体が強制解約されることはありません。特に国内のFX口座の場合には、ほとんどデメリットはないと言っていいでしょう。ただし、国内FX・海外FXに限らず覚えておきたいのが、口座を放置することによって第三者から勝手にログインされる(不正アクセスされる)可能性がある点です。

気軽な気持ちで口座を開設して、その後口座を長く放置しているケースの多くは、パスワードを「とりあえず簡易的に設定しておこう」という軽い気持ちで設定することがほとんど。その場合、パスワードは「生年月日」「名前」など、第三者から特定されやすいような簡単なパスワードに設定されている可能性が高いです。そうすると、知らず知らずのうちに第三者からパスワードをこじ開けられ、不正にログインされてしまうという危険性があります。

放置された口座では、「不正アクセスの可能性」をお知らせする通知やメッセージでさえも見逃しがちになってしまいがち。トレーダーの中には、「お金は入ってないから大丈夫」「別に取られるものは何もない」と思うかもしれませんが、個人情報の流出や二次被害に繋がってしまう恐れもありますので注意が必要です。

どのような順序で口座凍結まで至ってしまうのか?

上記のリスクは、できるならすべて回避したいところではありますが、放置口座は存在そのものを忘れられやすいこともあり、「気が付いたらいつの間にか口座凍結されていた」ということも多々あります。

では、FXではどのようなプロセスで口座凍結まで至ってしまうのでしょうか。ここでは、海外FXの中でも日本人トレーダーに人気の高いXMを例にして、口座凍結までの手順と、口座凍結後にやるべきことを説明していきます。

まず大前提として、XMでは、取引活動を90日以上やらずに放置していると「休眠口座」扱いとなります。取引活動とは「FX売買」「入金」「出金」のいずれかの作業を指します。残念ながら、単にアカウントにログインしただけでは取引活動にはなりませんので覚えておきましょう。

加えてXMの場合には、一旦「休眠口座」として扱われてしまうと、毎月5ドル(500円)の口座維持手数料が自動的に差し引かれてします。また、「休眠口座になったと同時にボーナスが消滅する」という明記もありますので、ボーナスがあるのに取引活動を休んでしまうのはかなり勿体ないです。

そして、口座残高が0円になったのち、さらに90日間放置すると、「口座凍結」が確定してしまいます。「休眠口座」では取引を再開すれば元の口座に戻るのですが、「口座凍結」になってしまうとマイページへのログイン自体が出来なくなってしまいます。その場合、取引を再開するには新たなアカウントの取得が必要です。

トレーダーのなかには、「またいつかトレードを再開するかもしれないから口座は凍結しないでほしい!」と思う方もいることでしょう。では、なぜ一定期間取引が無いと口座は凍結されてしまうのでしょうか。

その理由は、

  • ユーザーの個人情報の流出を防ぐため
  • 凍結させることによってサーバーの負荷を軽減するため

の主に2つです。

特に、「ユーザーの個人情報の流出を防ぐ」という意味合いは大きいです。なぜなら不正アクセスされて第三者にトレードされたり個人情報を盗み取られたりするリスクが少なからずあるためです。しかし、口座凍結することで証拠金や個人情報を保護してもらえるのは安心です。

ちなみに口座が凍結された場合には、再度カスタマーサポートへ解除申請することで利用できるようになると思われますが、手続きがややこしかったり再審査が厳しかったりする場合もありますので、気を付けておきましょう。

以上が、XMにおける口座凍結までの手順になります。

今回はXMの例をもとに解説しましたが、

  • どのタイミングで口座維持手数料が発生するのか
  • いつ休眠口座扱いになるのか
  • どの時点で凍結口座扱いに変わるのか

といった点に細かい条件に関しては、FX業者ごとに取扱いが異なります。

そのため気になる方は直接カスタマーセンターへ問い合わせることをオススメします。

まとめ

今回の記事では、FX口座を放置した場合にどうなるのか、またどのような順序で口座凍結に至ってしまうのか?といった内容について詳しく説明しました。

FXにおいて、口座を放置することは、

  • 口座維持手数料が差し引かれる
  • 口座が凍結される恐れがある
  • 勝手にアカウントへログインされる可能性がある

といった理由から、「避けたほうが良い」と断言することができます。

放置しているだけでリスクやデメリットが発生してしまうので、こまめに出入金を行い、なるべく放置する環境を作らないようにすることが大切です。