ナンピン最強FXトレーダー

今回は、FX取引における「ナンピン」について解説します。

“ナンピンは最強!"というFXトレーダーもいます。しかし、本当に最強なのでしょうか?

FXの “ナンピン “とは?
“含み損のあるポジションを買ったり売ったりすること “を “ナンピン “といいます。

例えば、"買った時のポジション “から2円下がったとします。

この場合、2円の価格が再び上がらなければ(=元の価格に戻らなければ)、プラスマイナスゼロにはなりませんよね?

しかし、「2円が下がったタイミング」で同じロット数を購入すれば、1円上がるだけでプラスマイナスゼロになります。

ちなみに、ナンピンは漢字で「南平」と書きます。

これには、「難易度(損失)」を「平準化」するという意味があります。

FXでのナンピン最強説は間違い!?
結論から言うと、FXでのナンピン最強説は間違っていると思います。

もちろん、「なんぴん」と「他の手法」を組み合わせれば、「最強に近い手法」を構築することができるかもしれません。

しかし、「ナンピンだけで最強」というのはありえません。

なぜなら、先ほどの例では「1円上がるだけでプラスマイナスゼロ」という非常に便利な話をしましたが、当然ながら「必ず上がる」とは言えませんよね。

さらに下がれば損失も大きくなります。

ですから、FXのナンピンは基本的にハイリスクだと思ってください。

FXで「最強のピッキング」に近づきそうな人の性格とは?
ただ、ピッキング手法に向いている人は確かにいます。

それは次のような人たちです。

根拠を持ってFXの取引ができる人
中級者以上の人

(1) 根拠を持ってFX取引ができる人
この条件になったらナンピンを買う(売る)」という確固たるルールを持っている人は、ナンピン法を採用することができます。

また、「含み損がこの程度になったら損切りする」といった基準を設けることも必要です。

中級者以上
少し漠然とした言い方になりますが、FXの中級者以上のトレーダーでないとナンピン法はお勧めできません。

私としては

テクニカル分析のノウハウを持っています。
チャートの反転のタイミングを予測することができる。
躊躇なく損切りできる精神力がある

という条件を満たしていれば、中級以上と言っても良いような気がします。

FXで「最強のスリ」ならぬ「最弱のスリ」になる人の性質
では、FXで「最弱のスリ」になってしまう人の性質を紹介します。

FXビギナー
行き当たりばったりのトレードをする人
含み損が出ると慌ててしまう人

(1)FX初心者の方
先に紹介した「中級者の条件」を1つでも満たしていない人は、なんぴん方式を採用するべきではありません。

相場の深みにはまり、「根拠のないナンピン」を続けてしまう可能性が高いからです。

(2)行き当たりばったりでトレードする人
つまり、何の根拠もなくFXのトレードをする人。

ここからさらに下がることはないだろうという予感がする。
逆転するはずだ」と思っている。
すぐに勝つことができるはずだ。

などと言っています。

つまり、「自分がトレードしている時に『極限状態』が起こるはずがない」という考えですが、もちろんこれを裏付けるものは何もありません。

わかりやすく言えば、「5回連続で裏表が出るなんてありえない」と言っているようなものです。

たしかに確率は低いですが、32分の1でしかありません。

FXトレーダーは、何度も何度も取引を繰り返すわけですから、極端な状況が起こることも想定しておく必要があります。

厳しい言い方かもしれませんが、「最悪の事態は絶対に起こらない」という考えをいつまでも捨てられない人には、FXは向いていません。

(3)含み損が出ると動揺する人
含み損があると追い詰められたような気分になる。
含み損になるとPCのモニターに顔を近づけてしまう。
含み損があると呼吸が荒くなる。

含み損があると、PCのモニターに顔が近づく。

冷静な判断力を失っている」からこそ、無理にナンピン買い(売り)をして罠にはまってしまう可能性が高いのではないでしょうか。

例えば、「この損失を補うために、もっとピンを買おう!」などと思ってしまうのです。

FXの中級者や上級者であれば、含み損があっても含み益があっても、精神状態はほとんど変わりません。それは、あくまでも「トータルで利益を出すためのプロセス」だからです。

どのような市場が「ピックアップに強い」のでしょうか?
とても簡単に説明します。

トレンド相場。上昇(または下降)し続ける傾向のある市場。
レンジ相場。一定の範囲内で上下を繰り返す相場のこと。

市場の種類には2種類あります。

トレンド相場は「基本的に反転しにくい」ので、「反転しないとプラスにならない」ナンピン法には向いていません。
(それでも、「一気に反転するタイミング」を予測できれば、ナンピンは非常に有効です)。

ただし、レンジ相場の場合は「小さな反転を繰り返す」ので、ナンピン法が有効な場合が多いです。

したがって、ナンピン法を導入するなら、レンジ相場がおすすめです。

ただ、「そもそもレンジ相場よりもトレンド相場の方が値動きを予測しやすい」という特徴がありますので、いずれにしてもナンバーピン法はFX初心者には向かないと感じます。

でも、ナンバーピン方式をあきらめないでくださいね。
やはり、ナンピン手法を「ナンピン最強」だけにしたいのであれば、「反転のタイミングを高精度に予測する」ことが必須です。

あとは。

ピックピンの回数を決める
自分で設定した損切りラインを厳守すること

ことも必要である。

じゃあ、ピンハネなんて一切しなくていいじゃん」と思われたかもしれませんが、それもおすすめしません。

なぜなら、前述したように、他の方法と組み合わせれば、「最強のナンピン」「効けば大きい」に近づける可能性があるからです。

ですから、FX初心者のうちは、「3日に1回はナンピンを買ってみる」など、自分なりのルールを決めて、少しずつナンピンの腕を鍛えていくのがいいかもしれませんね。

補足です。ナンピン」と「他の手法」を組み合わせた手法の一例
ナンピンの無限増殖
株が下がり続ける限り、買い続ける手法です。うまくいけば大勝ち。先にはじけてしまえば、大損する。どっちつかず」としか言いようがないので、基本的にはお勧めできません。

ピッキングマーチンゲール
ピックアンドポケット法とマーチンゲール法を組み合わせた方法です。人気がありますが、安定していないので工夫が必要です。

リバースピッキング
全力で「反転のタイミング」を予測し、逆張りでエントリーし続ける方法です。非常に高い相場予測能力を持つ、上級者以上のFXトレーダーにお勧めです。

まとめ:FX単体では最強の「ナンピン」ではないが、効果はある
今回は、FXにおける「スリの最強理論」についてお伝えしました。

スリの方法には、次の2種類があります。

当たれば大きいが、その分リスクも大きい
FX初心者には向いていない
メンタルが弱い人には向かない
反転のタイミングが読めない人には向かない

このようなデメリットがありますので、強くお勧めはできません。

しかし

中級者以上のトレーダーであれば、有効な資産となり得ますし
レンジ相場に慣れている方には有効だと思います。
他の手法と組み合わせれば、最強の “ナンピン “になるかもしれません。

ですから、「なんぴん」という手法を完全に捨ててしまうのは良くないと感じています。

初心者から徐々にナンピンに挑戦していくことをお勧めします。

おわりに
このサイトでは、海外FX会社全22社をランキング形式で紹介しています。

国内FXを利用したことがない方、海外FXに興味があるけどちょっと怖いという方、すでに海外FXを利用しているけど、自分に合った会社が見つからないという方。

そんな方にぜひランキングページを見ていただきたいです。

正直なところ、海外FXは国内FXよりも安全です。日本語に対応している会社もたくさんあります。

口座を開設するだけで大きなボーナスがもらえたり、入金するだけでボーナスがもらえて取引ができたりします。

国内FXだけで取引すると、損をしてしまいます。

ランキングページでは、初心者でもわかりやすいように、基本的な知識からまとめています。

自分に合った海外FX会社を見つけて、大金を稼ぎましょう

FX

Posted by www263535