FX – 小ロットでは思ったより稼げない

FXトレードを行う誰もが稼ぎたいと思いながらトレードを行っていることでしょう。しかしFXは思ったように稼げないのも事実。そんな時は稼ぐための施策をこつこつと実践していくしかありません。実際にFXトレードを行っていると、小ロット取引では稼げないこともわかっています。

ではFXで稼ぐためにはどのようなアクションを行っていけばよいのでしょうか?

FX初心者は小ロット取引がベスト?

そもそもFXにおけるロットとは何を意味するのでしょうか?ロットとはFXにおける取引の単位を言いますが、一般的に「1Lot=10,000通貨」といった具合に購入時の単位は決められています(利用する通貨によって異なることがあります)。FXでは最小取引単位が決められているので、それ以上であればいくらでも購入することができますが、FX初心者は小ロットから進めていくのが無難です。

小ロット取引がなぜ安全であるのかというと

  • リスクが少ない
  • 精神的な負担が少ない

といったことが挙げられます。
たとえば、1Lot=1万通貨(100万円)の場合より、0.1Lot=1000通貨(10万円)であれば投資コストも少なくて済みます。
また、小ロット取引は精神的な負担も感じられる点がメリットです。通常FXトレードはリスクを取りながらトレードを行うので、「上がるだろうか」「下がったらどうしよう」とった不安と常に付き合わなければなりません。その点に不慣れなFX初心者はまずデモトレードなどを経験し、FXトレードとはどのようなものかを体感しながら、本番に臨みます。その際デモトレードでは失うお金もないからと大ロットでトレードを行っていたとしても、いざ本番となればお金を失うかもしれないという不安からか、トレードに躊躇してしまいがちです。しかし、小ロットからのトレードであれば、たとえお金を失ったとしても少額で済みますし、精神的な負担も少なくて済みます。海外FXトレードの場合には、追証なしのゼロカットシステムが採用されていますので、資金を失ったとしてもマイナスになることはありません。

海外FX業者の中には最低入金額が1ドルからといったところもありますので、まずは気軽に小ロット取引を行っていくのがよいでしょう。

小ロット取引のデメリット

しかし、一方で小ロット取引にはデメリットもあります。リスクが少ない分、得られる利益が少ないことです。たとえば、1Lot=1万通貨で取引をした場合に1,000円の利益が得られるとしましょう。これが0.1Lotの場合だと100円、0.01Lotの場合だと利益はわずか10円にしかなりません。小ロット取引を数重ねても通常もしくは大ロットで取引を行うのに比べると同じ利幅であったらその差異分の利益を得るまでには相応の時間がかかってしまいますので、小ロット取引で勝手を掴んだ後はできるだけ早めにロット数を増やす方が無難です。小ロットでトレードを行うのはゲームセンターで換金性のないパチンコを行うようなもので、リスクはありませんが資金は増えません。得られる金額が少ないのと同様失う金額も少ないので、データ分析を行ったり勉強したりすることもなくなるなど、適当なトレードに慣れてしまいがちです。中には時間の無駄だというトレーダーもいるほどですので、小ロットトレードからの脱却は早めにした方が良いでしょう。

ではロットが大きいと良いのか?

それではロットが大きければ良いのか?というとそれはそれでメリットもあればデメリットもあります。
ロットが大きい場合のデメリットとしては、ロスカットしやすくなることや、含み益が出るとすぐに利確してしまいたくなる、多少の利益では満足しにくくなる、といったギャンブルに近い不安要素が付きまとう点に注意しなければなりません。

海外FXにおいて小ロットで稼ぐにはどうしたらよいか?

海外FXで稼ぐにはどうしたらよいでしょうか?これまで小ロットでは利益が少なすぎて勝つことはできたとしても利益を重ねていくことは難しいということは分かったと思います。

では小ロットでもFXで稼ぐ位はどうしたらよいのか?それにはリスクを承知でハイレバレッジなトレードを行うことに他なりません。海外FXはハイレバレッジなトレードを行うことができるため、多くのFX業者がレバレッジ1,000倍を超えるような高いレバレッジを提供しています。そのほとんどの業者が高いレバレッジをかける際には、証拠金残高に制限を持っています。証拠金残高が低い場合にはハイレバレッジ、証拠金残高が潤沢な場合には、低レバレッジといった具合に、ハイレバレッジトレードが可能なのは証拠金残高が少ないケースが多いです。証拠金残高が少ないということは、保有できるLot数も当然少なくなりますので、必然的に小ロットということになりますが、小ロット取引だからこそハイレバレッジなトレードができると割り切って、トレードを行うというのが一攫千金を狙う上では効率が良い選択となります。

また海外FXの場合、ほとんどの業者は追証なしのゼロカットシステムを採用しています。そのため、証拠金を失うことはあっても借金を負うことはありません。1万円や2万円といった少額での小ロット取引であれば失ったとしてもそれほど負担は感じませんが、大ロットでの取引で100万円といった大金を失うことを考えたら、小ロット取引でハイレバトレードを行うのが一番良いでしょう。

また、これから海外FXをスタートさせようとしている人であれば、新規口座開設ボーナスを行っている海外FX業者を選択してトレードをスタートすれば、数千円~数万円のボーナスをもらったトレードも行えます。海外FXのなかでもボーナスが豪華で有名なGEMFOREXでは10,000円~30,000円程度の口座開設ボーナスを常時開催しているので、少額資金でもリスクなくトレードを開始できます。さらに入金ボーナスといった入金した額と同額(それ以外のケースもあります)がもらえる入金ボーナスも多くの海外FX業者で提供しているので、これらのキャンペーンボーナスを活用したトレードを行えば、少ない資金を倍増させたトレードも出来ます。たとえ小ロット取引でも失敗してもいいような仕組みがあれば、何度も挑戦できるので結果的には資産を増やしていくことができるかもしれません。

まとめ

FXトレードで小ロット取引を行っている限りは大きな利益を獲得していくのは現実的に難しいですし、相応の時間がかかります。そのため短期間でトレードを行うためにはロット数を増やすかハイレバトレードを行うなど、リスクを背負ったうえでのトレードが必須となります。ただし、リスクを軽減するために、ボーナスを活用して自己資金の負担を減らすなどの施策は比較的簡単に行えます。いずれにせよ、小ロット取引では稼げないからといって許容範囲外の自己資金を投入するのは絶対避けましょう。FXで出した損失は簡単に取り返すことができません。早期に損切を行うなど、自分の投資ルールを順守し、下手に追加入金をして自己資金をすっからかんにしてしまうことなどないように、資金管理の徹底は行うようにしましょう。