FX両建てでも勝てる方法

FXの手法のひとつに「両建て」があります。買い」と「売り」の両方のポジションを持つ方法で、相場の流れの浮き沈みに影響されにくいのが特徴です。ただし、FX会社によっては推奨していないところもあり、両方のポジションで勝つ方法を知っておく必要があります。

今回の記事では、両方のポジションで勝つ方法をご紹介します。また、両建てのメリット・デメリットも紹介しますので、理解して取引に取り入れてみてください。

FXにおける両建てのメリット
FXにおける両建てとは、買いのポジションと売りのポジションを同時に持つことです。例えば、相場が上昇している場合、買いポジションを売ると利益になりますが、売りポジションを売ると損失になり、結果的に利益がないように見えてしまいます。どちらのポジションも使い方次第で効果的なので、両方のポジションのメリットを理解しておきましょう。

スワップポイントのリスクを回避する
スワップポイントは、通貨間の金利差によって得られるもので、FXでは利益となります。例えば、買いポジションを決済する際に、日本円を使って金利の高いトルコリラを売買すれば、金利差によってより多くのスワップポイントを得ることができます。ダブルデノミすることで、買いポジションと売りポジションの両方でスワップポイントを得ることができ、効率よく利益を出すことができます。

スワップポイントは、取引する通貨によっては逆に支払わなければならない場合もあります。両建てをする際に、買いポジションと売りポジションのスワップポイントでマイナスのスワップを回避するのは有効な方法だと思います。

市場価格が一時的に下落しても対応が可能です。
FX市場は常に変動しているため、上昇トレンドであっても一時的に下降トレンドに移行することがあります。買いのポジションしか持っていないと、相場が下降トレンドになったときに利益を出すことができません。再び上昇トレンドになるのを待つか、損切りをするしかありません。

両方の売りポジションを一緒に持っていれば、下降トレンドになったときに買い戻すことで利益を得ることができます。買いポジションを維持したまま、上昇トレンドで売ると、より大きな利益が期待できます。トレンドの動きに対応しやすいので、利益を伸ばすことができるでしょう。

税務上の利用が可能
FXで得た利益には税金がかかりますので、節税対策をしないと利益が減ってしまいます。副業としてFXを行っている場合、給与所得がある場合は利益が20万円以上、ない場合は38万円以上になると確定申告が必要になります。

12月31日までに利益を出したい場合は、含み損のあるポジションを決済すれば、損失として認識されますので、利益として申告する必要はありません。翌年に別のポジションを含み益で決済した場合は、損失を取り消すことができます。

FXで両建てポジションを獲得する方法
FXで両建てポジションを利用すると、スワップポイントのリスクを回避できるというメリットがあります。相場の変動に対応できれば、利益を増やすことができるので、ぜひ覚えておきたいテクニックです。というわけで、今回は両建ての必勝法をピックアップしてみました。ぜひ参考にして、倍返しにチャレンジしてみてください。

ダブルデノミのナンピン必勝法
両建てナンピン必勝法は、両方のポジションのマイナスをプラスでカバーする必勝法です。最初に買いポジションと売りポジションを1つずつ持ち、価格が変動したときに、さらに買いポジションを1つ持ちます。さらに、価格が変動したタイミングで買いポジションと売りポジションを1つずつ追加するなど、2つ以上のポジションを保有することで、プラスとマイナスを相殺することが可能です。

スワップポイント交換取引
スワップポイントを両建てで獲得する必勝法に「サヤ取り」があります。各社のスワップポイントに差がある場合、その差に応じてスワップポイントを得ることができます。

異なる通貨でのダブルデノミ
両方のポジションで同じ通貨を使わなければならないという決まりはありません。異なる通貨で両建てすると、それぞれの通貨が異なる動きをするので、どちらかの通貨で利益が出ることが多いです。また、買いポジションのドルが上昇し、売りポジションのポンドが下落すれば、両方で利益を得ることができます。

FXで両建てポジションを使う際に気をつけたいデメリット
両建てを使うと、両建てのメリットを活かしやすくなりますが、誰もが両建てを使いこなせるわけではありません。デメリットもありますので、初心者の方は損失が拡大する可能性が高いといえます。

手数料は「買い」と「売り」の両方でかかります。
FXでポジションを持つときには、スプレッドと呼ばれる手数料がかかります。ポジションを買うだけ、売るだけの場合は、手数料は1回だけです。一方、両方のポジションを保有している場合は、買いと売りの両方にスプレッドがかかりますので、自分がどれだけの手数料を取られるのかを確認しておきましょう。

十分な資金が必要です。
買いと売りの両方のポジションを持っているので、市場に参入するためには、より多くの資金が必要になります。十分な資金がないと、両方のポジションに必要な資金を捻出できなかったり、損失が出て両方のポジションを継続できなくなったりする可能性があります。両建てをする際には、あらかじめ十分な資金を用意しておく必要があります。

トレンドを見極めることが困難です。
買いと売りの両方のポジションを持っている場合、両方のトレンドを見極める必要があります。どちらかのポジションのトレンドを見極めることは容易ではありませんので、両方のポジションのトレンドを見極めることはより困難になります。買いポジションと売りポジション、それぞれの経験と技術を身につけてから取り組むのがリスクヘッジには有効です。

両方のポジションを禁止しているFX会社も多くあります。
使い方次第では大きな利益を上げることができる手法ですが、禁止しているFX会社も多くあります。両建てを始めたい場合は、両建てに対応しているFX会社かどうかを確認してください。

まとめ
FXでは、買いと売りのポジションを同時に持ってポジションを持つことをダブルポジションといいます。両建てを上手に利用することで、利益を伸ばしたり、税金対策をしたりすることができます。必勝法としては、異なる通貨の両建てなど、ピックの数、バランスで勝負する方法があります。一方、デメリットとしては、両建ての手数料がかかることや、多くのFX会社が禁止していることなどに注意する必要があります。両建てのメリット・デメリットを理解した上で、勝ち方を工夫して両建てで勝負しましょう。

FX

Posted by www263535