IS6FX(旧is6com)の最大レバレッジとロット数の関係

今回はIS6FX(旧is6com)の最大レバレッジと、「レバレッジとロット数の関係性」について解説していきます。
これを抑えれば、IS6FX(旧is6com)を安心して使うことができます。

IS6FX(旧is6com)の最大レバレッジは基本的に1,000倍

IS6FX(旧is6com)には「スタンダード口座」と「マイクロ口座」の2種類がありますが、どちらも最大レバレッジは1,000倍です。

簡単に言うと、「1万円の資金があれば1,000万円分のトレードができる」という事です。
言い換えれば「小さな資金で、大きなロット数のトレードできる」という事でもあります。

海外FX業者に最大レバレッジ数百倍のところが多いですが、さすがに1,000倍以上のところは少ないので、レバレッジに関して言えばIS6FX(旧is6com)は非常に優秀です。

ただし、口座残高が多いと最大レバレッジが一時的に下がるので気を付けましょう。

口座残高2万ドル未満 最大レバレッジ1,000倍
口座残高2万ドル以上~5万ドル未満 最大レバレッジ500倍
口座残高5万ドル以上~10万ドル未満 最大レバレッジ200倍
口座残高10万ドル以上 最大レバレッジ100倍

となります。
これは、「資金に余裕があるなら最大レバレッジが高い必要はない」とみなされるからです。

2万ドルと言えば200万円以上ですから、そうそう超えることはないと思いますが、「IS6FX(旧is6com)の最大レバレッジの高さを活かして、大きなロット数を扱いたい」という人は、最大レバレッジ規制がかかる前に出金しましょう。

その他、「政治・経済に影響を与える大きなイベントがある(あると分かっている)とき」にも最大レバレッジの規制がかかる場合があります。

その理由としては、
「相場が急変する事が分かり切っているときに、レバレッジ1,000倍などで多くの人に稼がれるとIS6FX(旧is6com)が困る」
「相場が急変するのに、初心者がハイレバレッジで大きなロット数を扱うのは危険」
などのものがあると思います。

こういったイレギュラー的なレバレッジ規制が行われるときには、IS6FX(旧is6com)のオフィシャルサイトなどで発表されるので、きちんと確認しましょう。

IS6FX(旧is6com)に限らず「最大レバレッジが高い」ほうがむしろ安全です

よく「FXはレバレッジが高ければ高いほど危険」と言われますよね。

IS6FX(旧is6com)は1ロット=10万通貨です。
計算を簡単にするために「レート100円」とすると、「1ロット=1,000万円」という事になります。

最大レバレッジである1,000倍にすれば、たった1万円の資金で「ロット数1」のトレードをすることができます。

恐らく、この「異常な資金効率の高さ」が「ハイレバレッジは危険」と感じさせる最大の要因でしょう。

ですが、あくまで「ロット数1のトレードをする」というだけであって、あなたが出す資金はたった1万円で済みます。別に「負けたら1,000万円払う」というような事は一切ありません。
また、IS6FX(旧is6com)の場合はゼロカットもあるので、「資金が1万円までなら1万円までしか損をしない」と言えます。
(ゼロカット:口座がマイナスになったときに0まで補填されるシステム)

さて、国内FX企業の最大レバレッジは25倍です。
「ロット数1(1,000万円)」のトレードをする場合、自己資金はいくら必要になるでしょうか。

1,000万円÷25=40万円

つまり40万円ですよね。
ですから、同じロット数を扱っているのに、レバレッジが下がるだけで「40万円失う」可能性があるのです。
(しかも国内FX企業にはゼロカットがないので、損失が40万円を超えるケースもないとは言い切れません)

いかがでしょうか。
これだけでも最大レバレッジが高いFX業者のほうが安全という事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

レバレッジに関する意識はどうあるべきか?

そもそも、「最大レバレッジが高ければ、自己資金が少なくても大きなロット数を扱える」という感覚自体が少し危険です。
こういう意識のままでは、いずれ「じゃあ10万円用意すれば、1億円トレードできる」「100万円なら10億円……」など、ギャンブル的な発想を持つようになってしまいます。

一方、勝つトレーダーは違うことを考えます。
それは、「最大レバレッジが高ければ、同じロット数でも自己資金を抑えることができる」です。

例えば、「ロット数1(1,000万円)を持つのに、レバレッジ100倍なら、自己資金10万円」
「でも、レバレッジ1,000倍なら、自己資金1万円で済む!」という発想になるわけです。

まとめると、

負ける人→ロット数をどんどん上げていってしまう
勝つ人→ロット数は固定で、レバレッジを上げて自己資金を減らす

という事ですね。

これはIS6FX(旧is6com)に限らず、どこのFX業者に関しても言えることです。
FXに慣れている人であれば「最大レバレッジが低い……危険かな?」と考えるはずです!

証拠金維持率を計算するとさらに理解しやすくなります

続いて、「レバレッジ以外の条件を固定」して、2種類のレバレッジ倍率で証拠金維持率の計算をしてみましょう。

例えば、

有効証拠金:10万円
購入ロット数:1ロット(1,000万円)
レバレッジ倍率:1,000倍(IS6FX(旧is6com)の最大レバレッジ)

 

だとします。

必要証拠金(購入するための最低金額)=1,000万円÷1,000倍=1万円

証拠金維持率(必要証拠金と有効証拠金の比率)=(10万円÷1万円)×100
=1,000パーセント

となります。
IS6FX(旧is6com)では証拠金維持率が50パーセントになるとロスカットされますが、さすがに一気に950パーセント動くほどに相場が急変する事はまずありません。

では、レバレッジ倍率を下げてみましょう。

有効証拠金:10万円
購入ロット数:1ロット(1,000万円)
レバレッジ倍率:250倍

必要証拠金=1,000万円÷250倍=4万円

証拠金維持率=(10万円÷4万円)×100
=250パーセント

レバレッジ倍率を下げると、証拠金維持率が下がりますね。
つまり、「最大レバレッジが低いFX業者だと、証拠金維持率を高くしにくい」という事ですね。

「最大レバレッジで取引している場合」に更に証拠金維持率を上げるには?

では、「いつもIS6FX(旧is6com)の最大レバレッジでトレードしている」という人が、さらに証拠金維持率を下げるにはどうすればいいのでしょうか。

この場合は、「購入ロット数」を下げましょう。

有効証拠金:10万円
購入ロット数:0.01ロット(10万円/IS6FX(旧is6com)の最小取引単位)
レバレッジ倍率:1,000倍

 

だとします。

必要証拠金=10万円÷1,000倍=100

証拠金維持率=(10万円÷100)×100
=10万パーセント

思い切ってロット数を0.01まで下げてみました。
つまり先ほどの100分の1という事ですから、証拠金維持率はその逆の100倍にすることができます。

さすがにここまで慎重にならなくても良いかもしれませんが、「ロット数を0.1にして、証拠金維持率を1万パーセントにする」くらいのことはしても良いと思います。

まとめ:最大レバレッジが高いIS6FX(旧is6com)は安!ロット数は固定・少な目が吉

今回は、IS6FX(旧is6com)の最大レバレッジや、ロット数とレバレッジの関係性などについて解説しました。

まとめると、

  • IS6FX(旧is6com)の最大レバレッジは1,000倍
  • 「ロット数は固定。レバレッジを上げる」という考えでいればハイレバは安全
  • むしろレバレッジが低いほうが危険
  • 「既に最大レバレッジ」ならロット数を下げれば証拠金維持率が上がる

といったところです。

それでも、「長年FXに興味を持っていたけれど、実際にトレードしたことがない」という場合は、「ハイレバの安全さ」をいまいち飲み込めないかもしれません。
ですが、それは実際に取引すればすぐに分かることです。
ですから、まずはIS6FX(旧is6com)でトレードに挑戦してみてはいかがでしょうか。