TITAN FXの高い約定能力その理由を徹底解説!

海外FXに限ったことではありませんが、FXトレードにおいては約定力が非常に重視される傾向にあります。

その理由は、約定力によってはFXトレード結果が大きく左右されるため。海外FXの中でも約定率が高いことで知られるTITAN FXですが、今回はTITAN FXがなぜ高い約定力を叩き出せるのか、その理由について徹底的に解説していきたいと思います。

約定力とは?

まずTITAN FXの高い約定力について触れる前に、「約定力とは何か?」という点から説明していきましょう。

FXトレードにおいて多くのトレーダーが重視するのは、その取引における「スピード」と「正確さ」。ドレードにはどちらの要素も不可欠であり、この取引におけるスピードおよび正確さのことをまとめて「約定力」と呼びます。

TITAN FXを含めたすべてのFXでは、口座を開設してからトレードを始めていくことになります。しかし通貨ペアとレバレッジを決め「ここだ!」と思うタイミングでトレードを行ったとしても、わずかなタイムラグが発生してしまうケースが多々あります。

「わずかな誤差」ではありますが、実はこのタイムラグがFXトレーダーにとっては命取りとなるのです。というのも、相場というのは一刻一刻と変わるものだから。大きな利益が期待できるタイミングで取引をおこなったつもりでも、「タイムラグで相場が動いてしまって損をしてしまった」という場合も大いにあり得ます。

そのためトレーダーは「クリックした瞬間にすべての取引が完結するわけではない」ことを念頭に置いた上でFXトレードを行うことが大切なのです。

とはいえ「FXトレードの性質上、タイムラグが発生するのはしょうがない」と言われたところで納得できないトレーダーもいることでしょう。

特に、現在のように景気の見通しがつかない時代では、生きていくための収入源としてFXトレードを行っている方もいるでしょうし、FXトレードを通じて先々の備えにしようと考えている方も少なくありません。

基本的にFXを始める人というのは、利益を獲得するためにFXトレードを行うわけですから、タイムラグという致命的なリスクを放置されていては困るのです。

だからこそ、各FX業者は高い約定能力を目指し日々システムの改良を重ね、スピーディーな取引と高い実行率を実現させようとしているわけです。

高い約定力を持っていれば多くのトレーダーを集めることにも繋がるため、約定率が高いことはそれだけでFX業者にとって大きな強みになります。またトレーダー側から見ても、高い約定力が備わっていれば自分が売買したいレートにてトレードできるようになるというメリットがあるでしょう。

約定能力が低いとどうなるの?

高い約定能力によって、FXトレーダーは快適なFXトレードができることは分かりましたが、反対に約定能力が低いとトレーダーはどうなってしまうのでしょうか?

約定能力が低いために引き起こされる問題は、以下の2点が考えられます。

  1. スリッページが多くなる
  2. スプレッド(取引手数料)の負担が大きくなる

そもそもスリッページとは「取引実行ボタンを押したときのレートと実際に取引されたレートが異なる状態」のこと。スリッページが発生すると、FXトレーダーは自分の取引したい価格での売買ができなくなる可能性があります。

何度も繰り返しになりますが、市場は常に流動しているので「FXトレードはタイミングが命」です。そのFXトレードでスリッページが頻繁に起こってしまうのはトレーダーにとってかなり痛いポイントです。

それに加えて、スリッページによってスプレッド(取引手数料)の負担が大きくなる場合もあります。基本的にFX業者ではスプレッドの平均値や最小値を公式サイト等で公開していますが、約定能力が低いFX業者はスプレッドが大きいという傾向にあるようです。

つまりこうしたFX業者でトレードを始めてしまうと、思うようなFXトレードができないばかりか、トレーダーのコスト(ここではスプレッド)が大きくなるのでデメリットばかりが生じてしまいます。どれだけ魅力的な条件が揃っているFX業者でも、約定能力の低い業者は絶対に避けるべきと言えるでしょう。

高い約定能力が評判のTITAN FX、実際のところは?

「約定力とは何か?」が理解できたところで、TITAN FXの約定力をチェックしてみましょう!

TITAN FXの高い約定能力は業界でもトップクラスと言われていますが、その高い約定能力を示す数値は次の通りです。

平均約定スピード:0.338秒
注文実行率:99.98%
平均約定スピードとは、「取引実行ボタンを押し、実際に取引が行われるまでの時間」を指します。つまりこの数値からするとかなり速いことがわかります。

また注文実行率もほぼ100%に近いため、TITAN FXの高い約定力は評判通りであることがご理解いただけるのではないでしょうか。

TITAN FXが高い約定力を実現できる理由は?

なぜTITAN FXは高い約定力を実現できるのか、疑問に思う方もいることでしょう。

その理由としては、TITAN FXが独自で開発した「ZERO POINT TECHNOLOGY」の存在が挙げられます。

TITAN FXの「ZERO POINT TECHNOLOGY」には以下の3つのものがあります。

  1. Best Spread(ZP-ASM)
  2. Best liquidity aggregation(ZP-DLA)
  3. Best Execution(ZP-OEO)

このうちTITAN FXの約定能力に深く関わるのが、3番目にある「Best Execution(ZP-OEO)」。TITAN FXは世界の3箇所に分散サーバとNY4 Equinix(エクイニクス)にメインサーバを設置していますが、各拠点において技術開発や質の高いデータセンターの設置、セキュリティ強化を日々行っています。

こうした技術の積み重ねにより、超低レイテンシ・ネットワークを構成することで最速の約定スピードを実現しているのです。

ちなみにEquinix(エクイニクス)とは?

Equinix(エクイニクス)というのは、金融処理やデータセンター機能などを扱うシステムのことを指します。これは海外FXだけではなく、金融分野でも多くの企業に採択されているシステムです。

Equinix(エクイニクス)は、処理能力の高さに非常に定評があります。そのためEquinix(エクイニクス)の技術を導入している海外FX業者のほとんどは約定力が高いと評判です。

しかもTITAN FXは世界金融の中心地であるEquinix(エクイニクス) NY4のデータセンターを使用していることから、FX業者の中でも特に高い約定力で安定した取引が行えること間違いなしです!

リクイディティプロバイダー(LP)の公開によって、高い約定力が期待できる

リクイディティプロバイダー(LP)とは「顧客から売買注文を受けた取引業者がその注文内容に従い実際に通貨のやり取りをおこなう相手」のこと。通常この相手は、金融機関のことを指すことが多いようです。

リクイディティプロバイダー(LP)の公開とは、いわゆる裏事情をオープンにしていることになります。TITAN FXでもリクイディティプロバイダー(LP)の存在を明らかにしていますが、つまりそれは裏事情を明かせるくらい「取引業者が注文に対し忠実にやり取りを行っている」ことの証明にもなります。そのため、TITAN FXは正確で安定した約定が期待できるFX業者と言えるのです。