TITAN FXってホントに業界最狭スプレッド?

海外FXと一言でいっても様々な特徴を持つ会社がありますが、中でも業界最狭スプレッドとして知られているのがTITAN FXです。とはいえ、最近ではどのFX業者もスプレッドの狭さをホームページなどで宣伝しており、「ホントに業界最狭スプレッドなの?」と感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、TITAN FXが業界最狭スプレッドなのかどうか、検証してみたいと思います。

TITAN FXは業界最狭スプレッドなのか?!

TITAN FXが業界最狭スプレッドなのかを検証するために、まずはTITAN FXの実際のスプレッドをチェックしてみます。ただしTITAN FXは非常に多くの通貨ペアを取り揃えているため、今回は日本人トレーダーにも馴染みが深い「主要な通貨ペア」だけを見ていくことにします。

TITAN FXの主要な通貨ペアのスプレッド

【Blade Account】
ブレードECN口座
平均スプレッド
【Standard Account】
スタンダードSTP口座
平均スプレッド
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 0.2 Pips 1.2 Pips
米ドル/円(USD/JPY) 0.33 Pips 1.33 Pips
ユーロ/円(EUR/JPY) 0.74 Pips 1.74 Pips
豪ドル/円(AUD/JPY) 1.12 Pips 2.12 Pips
NZドル/円(NZD/JPY) 1.62 Pips 2.62 Pips
スイスフラン/円(CHF/JPY) 1.31 Pips 2.31 Pips
英ポンド/円(GBP/JPY) 1.45 Pips 2.45 Pips
カナダドル/円(CAD/JPY) 1.1 Pips 2.1 Pips
シンガポールドル/円(ZAR/JPY) 0.44 pips 1.44 pips
シンガポールドル/円(SGD/JPY) 2.16 pips 3.16 pips
ノルウェークローネ/円(NOK/JPY) 1.07 pips 2.07 pips
スウェーデンクローナ/円(SEK/JPY) 3.05 pips 2.05 pips

このようにTITAN FXではStandard Account(スタンダードSTP口座)とBlade Account(ブレードECN口座)の2種類の口座が用意されています。しかし表からも明らかなように、スプレッドが狭いのは、断然「Blade Account(ブレードECN口座)」となります。

Standard Account(スタンダードSTP口座)とBlade Account(ブレードECN口座)の違いは、取引手数料。それぞれの取引手数料を表にしましたので、ご確認ください。

Standard Account
(スタンダードSTP口座)
Blade Account
(ブレードECN口座)
取引手数料 なし 1.00 Lot/$ 3.50 (USD)

Standard Account(スタンダードSTP口座)には取引手数料がかかりませんが、Blade Account(ブレードECN口座)の場合には取引手数料が必要です。

とはいえBlade Account(ブレードECN口座)ではスプレッドがかなり狭いこともあり、「取引手数料に関してはあまり気にならない」「スプレッドが狭いから多少の手数料は仕方がない」というトレーダーは多いようです。

Blade Account(ブレードECN口座)は国内FXと同レベルの極狭スプレッド

トレーダーの中には、海外FXはスプレッドが広く、国内FXはスプレッドが狭いと思っている方もいることでしょう。

確かに海外FXでは「スプレッドが広いことはデメリット」とされるケースが多く、一方の国内FXにおいては「スプレッドが狭い点がメリットである」ということがよく言われます。

しかしTITAN FXのBlade Account(ブレードECN口座)のスプレッドは、国内FXとほとんど変わらないレベル!TITAN FXで国内FXのスプレッドで張り合えるのは「Blade Account(ブレードECN口座)」のみとなっていますが、それでも海外FXの「スプレッドが広い」というデメリットを克服できている点は大きな魅力です。

「スプレッドが狭いから国内FXを選ぶ」と考えるトレーダーもいるかもしれませんが、スプレッドの狭さでFX業者を選ぶのであれば、業界最狭スプレッド、ハイレバレッジ、ゼロカットシステムといった最高の取引環境を誇るTITAN FXを選択肢に加えてみても良いでしょう。

TITAN FXが業界最狭スプレッドを提供できる理由

このようにスプレッドの具体的な数値を見ると、TITAN FXは国内FX業者のスプレッドど同水準と言われるほど海外FX業界の中でも最狭スプレッドを誇っていることがお分かりいただけるのではないでしょうか?

しかし、なぜTITAN FXでは業界最狭スプレッドを提供することができるのでしょうか?

その理由は、TITAN FXが自社開発した技術!TITAN FXでは「ダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション(ZP-DLA)」といった技術を独自に開発しており、多くのリクイディティプロバイダー(LP)から有効的なレートを集めることによって業界最狭スプレッドの提供を可能としています。

独自にこうした取引環境の向上を行っている点は、トレーダーファーストなFX業者としてとても好感が持てますね!

TITAN FXの業界最狭スプレッドで得られるメリットって何?

FXトレードでは為替レートの変化を確認しつつ通貨の売買を行います。

そもそも「スプレッド」とは、通貨を売却する際の値段(BID)と通貨を購入する際の値段(ASK)の差のことを指すものですが、「スプレッド=FXトレーダーのコスト」となってしまうので、FXトレーダーがスプレッドを支払って得することは基本的にありません。

しかしTITAN FXのように業界最狭スプレッドを誇るFX業者であれば、FXトレードにおけるコストを最小限に抑えることが可能です。

FXトレードではスプレッドによって獲得した利益が無くなってしまうケースも無きにしも非ずですが、TITAN FXのようにスプレッドが狭ければ利益をしっかり確保することもできます。

以上の点から、TITAN FXは「FXトレーダーにとって魅力的な取引環境」を備えていることが分かるのではないでしょうか。

TITAN FXの業界最狭スプレッド以外の魅力

TITAN FXの業界最狭スプレッドは、FX業者選定において大きなポイントとなることは間違いありません。しかし、それ以外にもTITAN FXには多数の魅力的な特徴があります。

その例としては、

  • 最大レバレッジ500倍
  • 追証なし
  • 取引制限なし
  • 完全NDD方式
  • ゼロカットシステム
  • 日本語サポートが充実

といったものが挙げられるでしょう。

Standard Account(スタンダードSTP口座)とBlade Account(ブレードECN口座)では、取引手数料に有無に違いはあるものの、基本的にはどちらの口座タイプも上記の特徴やメリットを享受することができます。

TITAN FXでは、スプレッドの狭さで選ぶのであればBlade Account(ブレードECN口座)一択となってしまうものの、Standard Account(スタンダードSTP口座)を選択したとしてもトレーダーに大きな後悔をさせるようなことは無いと思われます。