TITAN FXに向いているトレーダーとはどんな人?

海外FX業者は世の中にたくさんあり、トレーダーからすれば様々な選択肢があります。またトレーダーのタイプ、トレードスタイルも人それぞれ異なるもの。ですから、どんな人にどんなFX業者が合うかというのも、十人十色なのです。

ではTITAN FXに向いているトレーダ―はどのようなタイプなのでしょうか?
そこで今回は、TITAN FXに向いている人とはどんな特徴があるのか、詳しく解説していきます。

TITAN FXに向いている人

特徴1:取引の透明性を重視したいトレーダー

当然ながらFXトレードにおいて「重視するポイント」というのはトレーダーごと異なります。その中でも、特に「取引の透明性を重視したい」と思う方にはTITAN FXはピッタリの海外FX業者です。

海外FXの多くの業者では「NDD方式」を採用しているのですが、御多分に漏れずTITITAN FXでも「NDD方式」を採用しています。

ちなみにNDD方式というのは「No dealing desk(ノーディーリングデスク)」の略。この方式を採用するFX業者は、カバー先となる銀行やLP(リクイディティ・プロバイダー)にトレーダーの注文をダイレクトに流していく仕組みを取っているのが特徴です。

そのためFX業者が取引にあれこれと介入することは不可能であり、FX業者による意図的な操作・約定拒否といったものは起こりにくいシステムとなっています。つまりNDD方式は、他の取引方式に比べて透明性が高く、不正行為が起きにくい仕組みなのです。

特徴2:リスクは抑えながらもハイリターンを狙いたいトレーダー

TITAN FXに限ったことではありませんが、FXトレードなどの投資にはリスクがつきもの。
「リスクを抑えることがFXトレードで成功する法則」であるとも言えますが、リスクを抑えることばかりを重視しすぎてリターンが減ってしまっては元も子もありません。

しかしTITAN FXではリスクを最小限に抑えながらもハイリターンを狙っていくことが可能です。TITAN FXでは最大500倍というハイレバレッジでのFXトレードができるほか、他の海外FXのように口座残高によるレバレッジ制限も一切ありません。さらに追証なしのゼロカットシステムも採用しており、ハイリターンを十分に狙える環境が整備されているため、大きな投資も可能なのです。仮に大勝負に出たとしても、ゼロカットシステムがあれば口座残高以上のマイナスを背負う必要がなく、国内FXでよくある「追証」による借金を抱えるようなこともありませんから、安心してトレードに臨めます。

もちろんリスクがゼロになるわけではありませんが、リスクを抑えつつもハイリターンを狙っていける点は大きな魅力と言えるでしょう。

特徴3:口座を使い分けたいと考えているトレーダー

TITAN FXには、2021年10月現在で「Zeroブレード口座」と「Zeroスタンダード口座」の2つの口座が用意されています。

それぞれの特徴は以下の通りです。

口座タイプ おすすめのスタイル
Zeroブレード口座 スプレッド特化型 大口取引/EA、スキャルピング
Zeroスタンダード口座 スタンダードなバランス型 裁量取引/小ロット取引

トレーダーの中には、リアル口座が2種類しかない点に関して「少ない」「物足りない」と感じる方もいるかもしれません。しかし各口座の特徴をよく見てみると、2つの口座タイプでほとんどのトレードスタイルをカバーできることが分かります。またTITAN FXなら複数の口座開設が可能なので、トレードスタイルごとに使い分けも可能です。

口座の使い分けはFXトレードのテクニックの一つでもあるため、使い分けを考えているトレーダーの方であればTITAN FXを検討する価値は十分にあるでしょう。

特徴4:資金の安全性を重視するトレーダー

FXを利用する場合、どんなトレーダーであってもFX業者に自己資金を預けることに変わりはありません。

FXトレードを始める目的としては「お金を稼ぐ」「資産を増やす」といったものがほとんどでしょうから、資金の安全性にこだわるトレーダーも多いことでしょう。

そんな方にもTITAN FXはオススメの海外FX業者。なぜなら、公式ホームページの「よくある質問」からもわかる通り、資金を分別管理しているためです。

分別管理ついて
お客様の資金は、TITAN FXの経営資金とは完全に独立した別の口座にて、全額保管されています。TITAN FXでは、「完全分別管理」ポリシーを採用しており、お客様からお預かりした資金は、常に顧客信託口座に現金で保管されています。同ポリシーにより、お客様の資金が弊社の運営資金として使用されることはございません。

TITAN FXは分別管理のみとなっているため、不安に感じる方もいるかもしれませんが、預け先の銀行は「ナショナルオーストラリア銀行 (National Australia Bank)」であり、顧客資産とTITAN FXの運営資産を厳密に分けて管理しているため、安全性は非常に高いと評判です。ちなみにこのナショナルオーストラリア銀行 (National Australia Bank)の資金力は国内ではトップクラスと言われています。

そのためTITAN FXでは安心してトレードに臨むことが出来ますし、資金管理の不安を感じることなくFXトレードに集中することが可能です。

特徴5:約定力の高いFX業者を求めるトレーダー

FX業者の約定力は、多くのトレーダーが重視している部分でしょう。

約定力とは、FXトレードがスムーズにできるかどうかを左右する指標となるものであり、実際のところ「FX業者を選ぶ際には約定力の高さにこだわりたい」というトレーダーも少なくありません。

一般的にはあまり知られていませんが、FX業者の約定力は、サーバーを置いている場所によっても左右されます。たとえば、取引されるインターバンク市場と近ければ近いほど約定力が高まると言われています。

そうした中、TITAN FXでは金融の中心であるニューヨークにそのサーバーを設置。それによりTITAN FXで約定拒否というのはほとんど起きておらず、快適な取引環境をトレーダーに約束しています。

FXトレードにおいては、特にスキャルピングを行う際に約定力の高さが重視されますが、TITAN FXではその約定率の高さからスキャルピングを行うトレーダーも数多くいるようです。

特徴6:自動売買にチャレンジしたいトレーダー

自動売買を行っていきたいという方もTITAN FXに向いています。なぜならTITAN FXは自動売買が利用できるようになっていますし、様々なストラテジーを無料で利用することも可能だからです。

またTITAN FXには、プロトレーダーのトレード手法をそのまま真似してトレードできる「ZuluTrade」が用意されていて、トレーダーの間でも非常に高い評価を得ています。そのため「これまで自己流でやってきたけど、なかなか利益を出せなかった」という方はもちろんのこと、「これから自動売買を通してFXの勉強していきたい」という方にも大変オススメです。

さらにTITAN FXでは国内FXと遜色ない「極狭スプレッド」と「圧倒的な約定力の高さ」を備えていますので、自動売買と短期売買の組み合わせを考えている方にもTITAN FXは最適な海外FX業者と言えます。

TITAN FXは幅広いニーズをカバーできる海外FX業者!

ここまでTITAN FXに向いているトレーダーについて詳しく検証してきましたが、上記からも分かる通りTITAN FXは幅広いニーズをカバーできる貴重なFX業者です。

もし仮に、今回取り上げたした「TITAN FXに向いているトレーダー」に当てはまらないとしても、実際にTITAN FXを使用してみると「なんとなくしっくりする」「自分のトレードスタイルに合っている」と気づくこともあるでしょう。

TITAN FXは海外FXの中でも特にクオリティの高い取引環境の用意されたFX業者ですから、一度口座開設してトレードをやってみても損はありません。自分が向いているかどうか、その本当のところは実践してみないと分からないところもたくさんありますので、悩んでいる方はこの機会にまず口座開設を行ってみましょう。