海外FX・国内FXの取引方式には、大きく分けて

  • DD方式
  • NDD方式

の2種類があります。

DD方式の特徴

DD方式とは、投資家の注文→ディーラーが通すかどうか判断→インターバンク

このように「間にディーラーが入る形式」のことをDD方式と言います。
ディーラーが入ることで、入らない場合よりも、「海外FX・国内FXサイドの損失ダウン・利益アップを図ることができる」という事になります。

「ディーラーの行動」として多いのは以下の通りです。

  • インターバンクに流す
  • 他の投資家の注文と相殺させる
  • ノミ

インターバンクに流す

ディーラーが入るとはいっても、多くの注文はそのままインターバンクに流されます。

他の投資家の注文と相殺させる

すごく大雑把なことを言いますが、例えば「ドル円でA円分の売り注文」が溜まったら、「ドル円でA円分の買い注文」と、インターバンクに流す事なく相殺させることが可能です。

「海外FX・国内FX業者がインターバンクに注文を流すとき」にも手数料がかかりますから、相殺できるのであればしたほうが良いのですね。

ノミ行為

ノミとは、投資家の注文をインターバンクに流さないこと。

宝くじに例えると、

一郎「1000円で宝くじを買っておいてくれ」

二郎「了解(買わずに懐に入れる)」

宝くじが外れる

一郎「ダメだった。1,000円損したな」

二郎「そうですね。1,000円儲かった」

という事ですね。
「道徳的にどうなのか」という視点は置いておきますが、二郎さんが宝くじを買おうが買うまいが「一郎さんの収支」は変わりません。

海外FX業者・国内FX業者は「投資家の注文」に関して同じ行動を取ることができます。

ちなみに、「ノミを行ったのに、業者側の予測が外れて、投資家が勝ったとき」は、FX業者側が投資家の利益分を支払います。
したがって、ノミが行われても投資家が損をすることはありません。

NDD方式の特徴

NDD方式:投資家の注文をそのまま全部インターバンクに流す方式

NDD方式の正式名称は「ノン・ディーリングデスク方式」。
つまり「ディーラーがいない方式」ということですね。

DD方式のメリット

スプレッドが狭い

スプレッド以外にも「ノミ」などで稼げるため、スプレッドが狭い傾向にあります。

DD方式のデメリット

「ディーラーの行動」がブラックボックスになっている

つまり「ディーラーが何をしているのか分からない」という事です。大手国内FX・海外FX業者であれば悪質な事はしないでしょう。ですが無名業者の場合、レートずらし、約定拒否、スリッページ、ストップ狩りなどが絶対に実行されないとは言い切れません。

NDD方式のメリット

透明性が高い

ディーラーが介入しませんから「ブラックボックスな部分」がありません。したがって、約定拒否やスリッページなどの悪質な行為が実行されることはありません。

NDD方式のデメリット

スプレッドが広い傾向にある

ディーラーが介入しないということは、「ノミなどで稼ぐことができない」、つまり「収入源として、スプレッドの比率が高い」という事になります。そのため、スプレッドが広くなる傾向にあります。

国内FX業者はDD方式のところが多い

全ての業者に当てはまるわけではありませんが、国内FX業者にはDD方式のところが多いです。

つまり、「ブラックボックス化している」とも言えるわけですね。
ただ、約定拒否やレートずらしなどを行えば信用性を大きく下げることになりますから、大手の国内FX業者はクリーンに運営していると判断して良いでしょう。
「変なことはせず、普通に運営して利益を出したほうがいい」のですね。

ただ、NDD方式・DD方式とは直接関係のない部分において、
国内FX業者には「おすすめできない理由」があります。

代表的な理由は以下の通りです。

  • レバレッジ倍率が低い
  • ゼロカットシステムがない

レバレッジ倍率が低い

海外FXであれば数百倍~数千倍のハイレバレッジで効率よく取引をすることができます。
ですが、「国内FXの最大レバレッジ倍率は25倍まで」と決まっていますから、資金効率が非常に悪いです。

例えば、「1,000万円分の取引をする」となると、レバレッジ25倍の場合は、40万円もの資金を用意する必要があります。

ですが、レバレッジ1,000倍(GEMFOREXなど)であれば、用意するお金はわずか1万円でOKです。

「ハイレバレッジのほうが資金効率がよく、リスクも低い」と言えますよね。

ゼロカットシステムがない

ゼロカットシステム:口座残高がマイナスになった場合に0に回復させてくれるシステム

多くの海外FX業者はゼロカットシステムを採用しています。
ですが、国内FX業者でゼロカットシステムを設けているところはありません(法的に採用することができない)。

海外FX業者でトレードするほうが、もしもの事を考えると安全ですよね。

海外FXのGEMFOREXはDD方式?NDD方式?

国内FXとは異なり、海外FX業者にはNDD方式のところが多いです。
NDD方式ですから、「国内FXに比べてスプレッドが広い傾向にある」わけですね。
ですが、そのぶんボーナスが充実している業者が多いですし、何より「ブラックボックスな部分がない」という事に安心感を覚える人もいるでしょう。

しかし、GEMFOREXについては少しややこしく、「基本はNDD方式で、一部DD方式では?」と言われています。

オールインワン口座はNDD方式

GEMFOREXの基本口座である「オールインワン口座」はNDD方式です。
これはGEMFOREXが明言していることでもあります。

ノースプレッド口座はDD方式だと見られています

そして、GEMFOREXの低スプレッド口座である「ノースプレッド口座」はDD方式ではないかと見られています(公式発表されているわけではない)。
「他の海外FX業者の低スプレッド口座と比べて、かなりスプレッドが狭い」からです。

ただ、繰り返しになりますが、「大手の国内FX・海外FX業者において、信頼性を犠牲にしてまでディーラーが不正をするはずがない」ですから、NDD方式であろうがDD方式であろうが、それ自体を投資家が気にする必要はほぼありません。

「NDD方式なのかDD方式なのか」ではなく、

  • スプレッドは結局どれくらいなのか
  • ボーナスの種類や金額
  • レバレッジ倍率

など収支に直結する部分に重点を置いて確認しましょう。

海外FXのXMはDD方式?NDD方式?

海外FX業者の「XM」は「オールNDD方式」です。
「信頼性」という観点では、海外FX業界ナンバーワンと言ってもいいくらいです。

最大レバレッジ倍率も高く、ボーナスもそれなりに充実しているので、利用しやすい海外FX業者であると言えるでしょう。

ただし、

  • 最大レバレッジ888倍はトップではない(例:GEMFOREXは1000倍)
  • スプレッドはやや広い(NDD方式であるため)

など「デメリットと言えなくもない部分」があることは確かですね。

海外FX・国内FXのNDD方式・DD方式まとめ

~DD方式~

  • ディーラーが介入する
  • スプレッドが狭い
  • ブラックボックスな部分もある(大手ならほぼ心配無用)
  • 国内FX業者に多い

~NDD方式~

  • ディーラーが介入しない
  • スプレッドが広め
  • ブラックボックスな部分がない
  • 海外FX業者に多い

「DD方式であるのか、NDD方式であるのか」という部分が、直接的に投資家の収支に影響を与えることはありません。

そこではなく、

  • 最大レバレッジ倍率はどうか
  • ボーナスの充実度は?
  • ゼロカットシステムはあるか?

など、もっと重要なポイントをチェックしましょう。
そうすると、自然と「国内FX業者ではなく、海外FX業者を利用したい」という結論に落ち着くはずです。