簡単に言うと、

金融ライセンス:FXのような投資関連事業者が、経営を行うために取得する許可証

のことです。

ただ、「許可証」と表現されることが多いですが、海外FX業者については取得は必須ではありません。
実際、「金融ライセンスを持たずに、問題のない経営をしている海外FX業者」も存在しました(後述するGEMFOREXはその代表格です)。

逆に「金融ライセンスを持っているから確実に信頼できる」とも言えません。
毎年経営状態などの厳しい審査が入る金融ライセンスもあれば、登録料・審査料などを支払うだけで発行されるようなグレードの低い金融ライセンスもあるからです。

つまり金融ライセンスに関しては、

  • 「取得しているだけ」では信頼できない
  • 「厳しい審査の金融ライセンス」を取得していれば信頼できる
  • 「取得していない=信頼できない」とは言い切れない

という事になります。

国内FXの金融ライセンス事情は?

ほとんどの国内FX業者は金融ライセンスを取得しています。

ただ、厳密に言うと日本国内では「金融ライセンス」という言葉は使われておらず、単に「金融庁に登録されている」などと表現されています。
そうです。国内FXは金融庁の認可を得ているのですね。

日本国内でも「FX」というもの自体が普及し始めた頃は、「信頼性の低いFX業者」で取引をしてしまって、出金拒否などの被害を受けたり、悪質なロスカット狩りに遭ったりする人が少なくありませんでした。

しかしそれ以降は規制が進み、現在では信頼性が低い国内FX業者は淘汰されています。

「金融庁に登録されている国内FX業者」であれば無条件で信頼していいと言っても過言ではありません。

海外FX業者は日本の金融庁に登録されているのか?

GEMFOREXやXMなどをはじめとする海外FX業者は、明らかに「日本人トレーダー」も対象にして運営を行っています。
と言いますか日本人FXトレーダーの人口はかなり多いですから、「日本人向け」に特化したサービス体制にしている業者さえあるくらいです。

そのため、「海外FX業者も日本の金融庁に登録する必要があるのでは?」と感じるかもしれません。

言い換えれば、「日本の金融ライセンスも取得する必要があるのでは?」ということですね(以下、便宜上この表現を使います)。

ですが、ほぼ全ての海外FX業者は日本の金融ライセンスに登録していません。
その理由は主に以下の通りです。

  • 登録しなくても違法ではない
  • レバレッジ倍率を下げる必要がある
  • ゼロカットシステムをなくす必要がある
  • 登録する道理も薄い

登録しなくても違法ではない

日本の金融庁は「この海外FX業者は、日本人向けサービスをしているのに、日本の金融ライセンスを取得していない業者です」と、たくさんの海外FX業者をリストアップして、日本のFXトレーダーに対して注意喚起をしています。

ですが、「海外FX業者が日本の金融ライセンスを取得しないこと」は違法ではありません。
言ってみれば、「注意喚起をしているだけ」です。

もちろん日本人が海外FX業者を利用することは完全に合法ですので安心してください。

レバレッジ倍率を下げる必要がある

「国内FXのルール」を守らないと、日本の金融ライセンスを取得することはできません。

国内FX:最大レバレッジ25倍まで

と決まっていますから、海外FX業者もそれに従う必要があります。

例えばGEMFOREXは1000倍、XMは888倍で運営していますし、他にも数百倍に設定している海外FX業者が多いですが、仮にこれを25倍まで下げるとなると、「海外FX業者特有の魅力」はほぼ消えてしまう事になります。

ゼロカットシステムをなくす必要がある

ゼロカットシステム:口座残高がマイナスになったときに0に回復させてくれるシステム

海外FX業者の魅力の一つに、このゼロカットシステムがあります(設けていない業者も稀にあります)。

しかし日本には「利用者の損失を、運営が補填してはならない」という決まりがありますから、国内FX業者の中でこのゼロカットシステムを設けているところは1つもありません。

そして、海外FX業者が日本の金融ライセンスを取得しようと思ったら、当然ゼロカットシステムを廃止しなければならなくなります。
海外FX業者側にとってなんのメリットもありません。

※「最大レバレッジがたった25倍」「ゼロカットシステムなし」などのデメリットがありますから、金融ライセンスの話は抜きにしても、国内FXを利用することはおすすめしません。海外FXのほうが圧倒的に稼ぎやすいですし、安心感があります。

登録する道理も薄い

これはあくまで個人的な見解ですが、よく言われていることです。

「現地の日本人がよく利用する、アメリカに店を構える居酒屋」があるとします。日本人がよく来ますから、日本語のメニュー表も用意しています。

この居酒屋は、もちろん日本の法律(飲食業関連、アルコール関連など)に従う必要はありませんよね。あくまで日本人も使いやすいようにしているだけです。

ですが、これが「日本人トレーダーがよく利用する、海外FX業者」となると、なぜか日本の金融庁に睨まれてしまうのです。
「日本語対応のオフィシャルサイトを持っている」というくらいでも、「日本の金融ライセンスを取得していません!」と注意喚起の対象になってしまっています。

全て解説すると長くなってしまうので簡単に言いますが、この「歪み」を作っているのは、「大人の事情」です。

海外FX・GEMFOREXの金融ライセンス

では、海外FX業者のGEMFOREXはどこの金融ライセンスを取得しているのでしょうか。

GEMFOREXはニュージーランドの金融ライセンスを持っている

GEMFOREXはニュージーランドの金融ライセンスを取得しています。
同じ金融ライセンスを持っている海外FX業者としては、ランドFXなどがあります。
ランドFXも信頼性が高い業者ですし、GEMFOREXについても安心して利用することができます。

GEMFOREXは以前金融ライセンスを持っていませんでした

ちなみに、GEMFOREXは最近まで金融ライセンスを持たずに運営していました。
2019年の6月になって、ようやくニュージーランドの金融ライセンスを取得したのです。

ですが、GEMFOREXは2019年6月以前から多くのトレーダーに信用・利用されていましたし、実際に目立った問題を起こしたことは一回もありません。

GEMFOREXは、「『金融ライセンスを持っていない=信頼できない』とは言い切れない」
ということの好例であると言えるでしょう。

海外FX・XMの金融ライセンス

では、同じ海外FXである「XM」はどこの金融ライセンスを取得しているのでしょうか。

XMはキプロスの金融ライセンスを取得している

XMは複数の金融ライセンスを持っていますが、その中で最も取得難易度が高いのは「キプロス」の金融ライセンスです。
これは数ある金融ライセンスの中でも、トップクラスで厳格なものです。

したがってXMそのものの信頼性も非常に高いと言えるでしょう。

補足:「金融ライセンスを持っている」とウソをつく海外FX業者もある

無名の海外FX業者の中には、本当は未取得であるにもかかわらず「金融ライセンスを持っています!」とウソをつく業者も存在します。

GEMFOREXの例からも言えますが「金融ライセンスを持っていないこと」そのものは問題ではありません。
ですが「ウソをついている」のであれば、その業者は全く信頼できません。