レバレッジ1,000倍でFXトレードを行うメリット

海外FXを行う際にはレバレッジの高さは一つの選定基準になる人もいるのではないでしょうか?
国内FXと違って高いレバレッジをかけられる海外FXですが、このハイレバレッジはどこの業者でも対応しているというわけではありません。当然ハイレバレッジを提供している業者は限られていますので、ハイレバレッジでありながらその他のサービスが十分満足いく業者が選ばれる業者ということになります。

ここでは、レバレッジ1,000倍を提供している業者にはどんなところがあるのか、レバレッジ1,000倍でトレードを行うメリットにはどのようなものがあるのかについて見ていきましょう。

レバレッジ1,000倍でのトレードが可能な海外FX業者(一部)

FXGT

FXGTでは、セント口座、ミニ口座、スタンダード口座、FX専用口座、ECN口座すべての口座でレバレッジ1,000倍トレードが行えます。

GEMFOREX

GEMFOREXでは、オールインワン口座、ノースプレッド口座、ミラートレード専用口座、デモ口座でレバレッジ1,000倍トレードが行えます。

IS6FX

IS6FXでは、マイクロ口座とスタンダード口座にてレバレッジ1,000倍トレードが行えます。ただし双方の口座とも、口座残高が$20,000以下の場合に限ります。それ以上の場合ではレバレッジに制限がかかります。

HotForex(HML)

HotForex(HML)では、マイクロ口座のみレバレッジ1,000倍トレードが行えます。その他の口座は400~500倍のレバレッジとなります。

IronFX

IronFXでは、STANDARD口座、プレミアム口座、VIP口座、PRIVILEGE ACCOUNT口座、CENT ACCOUNT口座の5つにおいてレバレッジ1,000倍トレードが行えます。

レバレッジ1,000倍でトレードを行うメリット

高いレバレッジの基準となる1,000倍のレバレッジですが、このレバレッジのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?ここではいくつかメリットについて紹介していきます。

自己資金が少なくても大きなトレードが行える

ハイレバレッジであれば、自己資金が少なくても大きなトレードが行える点はメリットです。
たとえば、国内FXは25倍のレバレッジしかかけられませんが、1,0000円の自己資金でトレードを行おうとした場合、25倍のレバレッジだと25万円分のトレードしかできません。しかし、1,000倍のレバレッジがかけられれば、1,0000円の自己資金で1,000万円分のトレードを行うことが出来ます。つまり、大きなトレードを行おうと自己資金が溜まるまでまたなくても、ハイレバトレードができるならすぐにでも大きなトレードが行えることから、レバレッジが1,000倍と高いFX業者は、非常に狙い目だと言えます。

ロスカット水準が低い業者の場合かなりぎりぎりまでポジションを持てる

レバレッジ1,000倍といったハイレバレッジトレードを行う場合、少々の値動きでポジションを維持できなくなる可能性が高くなります。しかし海外FXではロスカット水準が低めの業者も多く、ハイレバレッジなトレードでもかなりぎりぎりのラインまでポジションを保持することが出来ます。海外FXでは平均すると20~30%のロスカット水準が一般的です。これは国内FXの平均ロスカット水準が50%~100%であることを考えると、低めの設定であることが伺えます。

ハイレバレッジトレードの注意点

1,000倍といったハイレバレッジトレードを行う場合に気を付けなければならない事として、

  • 資金管理に気を付けること
  • レバレッジ制限に注意すること

があります。

資金管理に気を付けること

ハイレバレッジトレードでは資金管理は重要です。多少の値動きで大きな利益が得られる可能性がある反面、大きな損失を出してしまう可能性も同様にあります。幸いなことにほとんどの海外FX業者では追証なしのゼロカットシステムが採用されているので、資金がマイナスになり借金を抱えることはありません。それでも保有資金がゼロになってしまう可能性は持ち得ています。ロスカット水準を意識しながら、常に資金管理を怠らないようにしておきましょう。

レバレッジ制限に注意すること

1,000倍のレバレッジをかけることが出来るFX業者でも常に1,000倍のレバレッジトレードができるとは限りません。ほとんどのFX業者では、口座残高に応じてレバレッジ制限がかけられます。つまり1,000倍のレバレッジがかけられるのは口座残高に資金が少ない状態の時であって、口座残高が増えるに従ってかけられるレバレッジは少なくなっていきます。たとえば、GEMFOREXの場合、口座残高が200万円を超えるとレバレッジは500倍に制限されます。

1,000倍のハイレバレッジトレードを有効的に活用する方法

では、1,000倍のハイレバレッジをかけられるトレードを有効的に活用し、資金を増やすにはどうしたらいいのでしょうか?

  • 口座残高を調整する
  • ボーナスキャンペーンを活用する
  • 損切りをしっかり行う

口座残高を調整する

先ほど口座残高によってかけられるレバレッジが制限されるケースがあることをお伝えしました。つまり、1,000倍のレバレッジをかけられる制限内に口座残高をキープしておけば1,000倍のレバレッジでのトレードが継続できるというわけです。利益が出すぎてしまった場合には、出金を行い、口座残高をあまり増やしすぎないようにしておけば、ハイレバレッジトレードをし続けられます。

ボーナスキャンペーンを活用する

自己資金を極力使わず、少額資金で大きなトレードを行えるハイレバトレード。中でも豪華なキャンペーンを行っているFX業者を利用すれば、手持ち資金がゼロでもトレードを行える上、1,000万円超の金額を動かすことも可能です。たとえば、GEMFOREXでは、口座開設ボーナスとして20000円前後がもらえるキャンペーンがあります。この20000円を使ってレバレッジ1,000倍のトレードを行えば2000万円枌尾トレードを行うことが出来るわけです。これであればリスクが全くない状態ですので、うまくいけば利益を出すことができ、その利益を資金ととしてさらなるトレードを行っていくことが出来ます。

損切りをしっかり行う

海外FXの場合ゼロカットシステムがあるため、資金がゼロになることはあってもマイナスになることはありません。だからといってローリスクであることを甘く見ていると、せっかく出た利益を失うことにつながります。そのようなことにならないためにも、損が出るとわかった時点で早めに損切りを行うことが必要です。結果的にそのほうが次のトレードに移れ利益につながりやすくなります。

まとめ

最近では、1,000倍のレバレッジも珍しいものではなくなり、3000倍という業者も出てきたり、中には無制限(実質21億倍)といった業者も登場してきました。とはいえ、1,000倍のレバレッジがある業者は業者選定においても大きな魅力となります。1,000倍のハイレバトレードが行える海外FX業者の中から、自分に合ったところを見つけ、ハイレバトレードをぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?