海外FXに限ったことではないのですが、やはり自分のお金が直接絡んでくるFXというサービスを利用するのであれば事前にある程度の知識をつけておいたほうがいいでしょう。
具体的な手法はもちろんですが、基本的なところにもしっかりと目を向けて、理解を深めていきたいところです。
FXにおいてはいろいろな言葉が飛び交うものですが、今回はその中でも海外FXにおけるスプレッドについて注目していきたいと思います。

そもそもスプレッドとは?

まずは、そもそもスプレッドとは何なのかというところからお話していきましょう。
スプレッドというのは、ひとつの通貨における売値と買値の差額のことを指します。
トレーダーにとってスプレッドは手数料のようなものです。
海外FXに限らず、FXトレードをおこなっていくのであればスプレッドは狭いほうがいいのです。
スプレッドが狭ければ狭いほど、その分、トレーダーが負担する手数料が少なくなるからです。
特に、1日の中で何度もトレードをおこなっていくスキャルピングトレードのような手法で
利益を狙っていく場合、毎回の取引にスプレッドが発生してくることになりますのでスプレッドが広いとせっかくの利益が手数料で消えてしまう可能性があります。

固定スプレッドと変動スプレッド

海外FXに限らず、FXのスプレッドというのは固定スプレッドと変動スプレッドの2種類にわけることができます。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

固定スプレッドとは?

固定スプレッドというのは文字通り、原則的にスプレッドが固定されているものを指します。
固定されているからこそ常に一定に保たれているのですが、経済指標の発表前後や要人の発言など相場の変動が激しいときには固定スプレッドでも変動します。
国内FXの多くが固定スプレッドを採用しています。
固定スプレッドに向いている人と固定スプレッドで注意すべき点は以下の通りです。

固定スプレッドに向いている人時間が空いたときに取引をおこないたい人
固定スプレッドで注意すべき点深夜の取引ピーク時は避ける

変動スプレッドとは?

変動スプレッドというのは、相場の状況によってスプレッドが常に変動するというものです。
平常時であれば狭いスプレッドで取引ができるのですが、相場が大きく動くとスプレッドも大きく広がる可能性があります。
海外FXにおいてはその多くがこの変動スプレッドを採用しています。
変動スプレッドにおいて注意しておきたいのが、最小スプレッドに惑わされないという部分です。
というのも、海外FXの中には最小スプレッドを売りにしているようなところもあるのですが、それはあくまでも最小のときの数値です。
大切なのは変動を考慮した上で、平均のスプレッドがどうなっているのかという部分です。
海外FXのスプレッドを比較する際には、平均のスプレッドに目を向けるようにしましょう。
変動スプレッドに向いている人と変動スプレッドで注意すべき点は以下の通りです。

変動スプレッドに向いている人深夜のピーク時に取引をおこないたい人
変動スプレッドで注意すべき点取引量の少ない午前中は避ける

口座タイプによるスプレッドの違い

先では固定スプレッドと変動スプレッドについてお話しましたが、海外FXにおいては口座タイプによるスプレッドの違いについても考えていく必要があります。
それぞれの海外FXで複数の口座タイプを用意しているのですが、ざっくりとまとめると初心者向けの口座、中級者から上級者向けの口座の2タイプにわけることができます。

初心者向けの口座におけるスプレッド

初心者向けの口座におけるスプレッドというのは、基本的に普通から広めに設定されています。
これだけを見るとデメリットが大きく感じられるかもしれませんが、スプレッドが狭くない分、他のところでいろいろなメリットを用意してくれているものです。
例えば、以下のようなものです。

  • レバレッジは高め
  • 取引コストは基本的にスプレッドのみ
  • ボーナスあり
  • 最低入金額が低い

初心者向けの口座だからこそ、無難にFXトレードができるような仕様になっていると考えていいでしょう。
スプレッドが狭くないからとそれだけで判断してしまうのはもったいないです。

中級者から上級者向けの口座におけるスプレッド

中級者から上級者向けの口座におけるスプレッドというのは、基本的に狭く設定されています。
スプレッドが狭いのは大きなメリットになってきますが、中級者から上級者向けの口座ではその分、他の部分でデメリットが出てきます。
例えば、以下のようなものです。

  • レバレッジは低め
  • 取引コストはスプレッドとは別に手数料がかかる
  • ボーナスなし
  • 最低入金額が高い

初心者の方にしてみるとかなりハードモードに思えるかもしれませんが、中級者から上級者の方であればこれらのデメリットがあってもスプレッドの狭さを優先するということも珍しくありません。
デメリットがあっても、しっかりと利益を出せるような方が選ぶべき口座タイプとも言えるでしょう。

主要な海外FXのスプレッドは?

では、主要な海外FXのスプレッドはどうなっているのでしょうか?
主要な海外FXということで、GEMFOREXとXMについてピックアップしていきたいと思います。

GEMFOREXのスプレッド

GEMFOREXは早朝や重要指標発表時においても、平常時のスプレッドを維持できていたと言われています。
特に、GEMFOREXのノースプレッド口座はスプレッドがほぼ固定で取引手数料も無料です。
取引コストを抑えながら、安定したトレードができます。
ちなみに、GEMFOREXでは以下のような記載があります。

「低スプレッド競争不参加宣言!今、FX業界では低スプレッド競争が過熱しておりますが、トレーダーにとって肝心なのはそこではありません。GEMFOREXは、非現実的な低スプレッド競争には不参加表明し、快適なサービスバランスを目指します!※ノースプレッド口座では、一部利用制限はございますが、ドル円0.0pips~の低スプレッドでのご利用も可能となっております。」

あえて海外FXのスプレッドに物申すスタイルというのは、好感が持てます。

XMのスプレッド

XMにおいてもスプレッドが比較的安定しており、早朝や窓空け、重要指標発表時をのぞいては、それほど大きく広がることはありません。
ただし、取引手数料が高い傾向にありますので、結果的にトータルコストは高くついてしまう可能性があります。
ちなみに、XMも公式サイトにおいては以下の質問があります。

Q:スプレッドはどれくらいですか?

この質問に対して、XMはこのように答えています。

「当社では最小0ピップからの変動性スプレッドを提供しております。リクオートもございません。お客様には、当社システムが受け取る市場価格が直接提示されます。」

XMでは最小0ピップからということになっていますが、先でもお伝えしましたように平均のスプレッドをチェックするようにしましょう。

国内FXのスプレッド

海外FXよりも国内FXのほうがスプレッドは狭いと言われています。
ただ、海外FXと国内FXとではそもそものFXの仕組みが違ってきますので、一概にスプレッドのみで比較することはできません。
注意しておきましょう。