海外FXに限らず、FXで利益を出す方法というのはいくつかあります。
そのひとつがスワップポイントと呼ばれるものです。
スワップポイントに関しては海外FXよりも国内FXのほうがいいという話もあるのですが、海外FXでスワップポイントは稼げるのでしょうか?
ここでは、海外FXにおけるスワップポイントについて掘り下げていきたいと思います。

そもそもスワップポイントとは?

そもそもスワップポイントとは何なのかというところから触れていきましょう。
スワップというのは2国間の金利差のことを指します。
FX取引においては2つの通貨をトレードして為替差益を狙うというのが一般的です。
しかしながら、それだけではなく、スワップポイントで利益を狙っていくというやり方もあるのです。
FX取引では2つの通貨の取引をおこなっていくことになるのですが、その際に通貨の金利も交換されることになります。
ポジションを保有し続けることによって生じる2国間の金利差調整額というのがスワップポイントになります。
金利というと借り入れのときなどの金利を思い浮かべてしまう方もいるかもしれませんが、スワップポイントでの金利というのはいわゆる政策金利のことを指しています。
というのも、通貨を管轄している国や地域ごとに政策金利が決められているのです。
各国の中央銀行が定めるその国の基本的な金利のことで、この金利から一般の銀行の金利が決められるのです。
FXにおいては2つの通貨の金利差がスワップポイントとなって、それを受け取ることもありますし、逆に支払うことあります。
FXトレーダーがポジションを持つということは、一方の通貨を売ってもう一方の通貨を買うということでもあります。
つまり、スワップは売っている通貨の金利を支払って、買っている通貨の金利を受け取る仕組みと言えます。
景気がよくなると景気の過熱を抑えるために政策金利は高く設定されますし、逆に景気が悪くなると政策金利は低く設定されるようになります。
スワップポイントも政策金利が変動することによって大きく変動していくということです。
言うまでもないのですが、各国の政策金利は常に変動していますし、それに伴ってスワップトレードをする際に選ぶべき通貨も変わってきます。
最新のスワップポイントはこまめにチェックしておきたいところです。

スワップポイントが入ってくるタイミング

スワップポイントは基本的にニューヨーク市場が1日の取引を終了するニューヨーククローズをまたぐことによって付与されることになります。
日本時間で言うと午前7:00、サマータイムだと午前6:00です。
ほとんどのFX業者においてニューヨーク時間で毎週水曜日、つまり日本時間で木曜日の朝は週末分のスワップポイントと合わせて3日分が付与されることになります。
週末分のスワップポイントの判定が水曜日におこなわれることになりますので、週末を超えてポジションを持っていた場合でも水曜日のニューヨーククローズ時点でポジションがないと週末分のスワップポイントは付与されません。

スワップポイントはそれぞれのFX業者によって違う

スワップポイントは通貨間の金利差のことで、普通に考えるとすべてのFX業者で一律になっていてもおかしくありません。
ただ、実際のところ、スワップポイントはそれぞれのFX業者によって違っています。
なぜかというと、それは通貨間の金利差の一部をFX業者が収入としているからです。
海外FXにしても国内FXにしても、ボランティアでサービスを提供しているわけではありません。
健全な運営をおこなっていくためにも、企業として収入を得ていかなければいけないのです。

海外FXのスワップポイント事情

海外FXにおいては、透明性の高いトレードを提供するNDD取引(ノー・ディーリング・デスク)を採用しているところが多いです。
NDD取引の場合、主な収益源となるのがスプレッドか取引手数料です。
しかしながら、ポジションを長期保有するトレーダーがいると海外FXは利益を得ることができなくなってしまいます。
そこで、長期保有するトレーダーでも金利差の一部も利益になるようにスワップポイントを低く設定しているのです。
短期売買をメインとするトレーダーからはスプレッドや取引手数料を、長期保有するトレーダーからはスワップポイントの一部を得ることで収入を確保しているのです。
そういった中でも主要な海外FXのひとつであるGEMFOREXのスワップポイントはマイナスになる通貨ペアが少なく、ポジションの長期保有に向いていると言われています。
また、XMのスワップポイントはそこまで大きな魅力があるわけではないのですが、一覧でスワップポイントを確認できますし、計算機を使って日々発生するスワップポイントを確認することもできます。

国内FXのスワップポイント事情

海外FXよりも国内FXのほうがスワップポイントの面では恵まれていると言われることが多いのですが、実際にスワップポイントだけを見ると国内FXのほうが有利です。
もちろん、すべての国内FXがスワップポイントに力を入れているわけではないのですが、国内FXでスワップポイントを売りにしているところはとても多いです。
ただ、これはあくまでもスワップトレードをアピールポイントにするための作戦のひとつです。
掘り下げていくと取引の透明性などの問題も出てくるのですが、スワップポイントに力を入れている国内FXだからといってスワップポイントで稼げるとは限らないということです。

海外FXでスワップポイントを稼ぐためには?

では、海外FXでスワップポイントを稼ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?
海外FXでスワップポイント狙って取引をしていくのであれば、高いスワップポイントになるマイナー通貨を選ぶといいでしょう。
安定して高いスワップポイントを狙えるマイナー通貨は、南アフリカランドドルやルーブル、トルコリラ、メキシコペソあたりになります。
というのも、こういったマイナー通貨は取引量が少なくレートの動きが大きいために、スプレッドが他の通貨に比べると広めで設定されているのです。
ドルや円、ユーロなどの基軸通貨同士のペアはもともとレートの動きが小さいため、スワップポイント狙いよりも海外FXならではのハイレバレッジをかけて為替差益を狙う取引のほうがいいでしょう。

海外FXでスワップポイントを狙うメリットとデメリット

最後に海外FXでスワップポイントを狙うメリットとデメリットについてまとめておきましょう。

海外FXでスワップポイントを狙うメリット

海外FXでスワップポイントを狙うメリットとしては、リスクが小さく初心者でも対応できるという部分が挙げられます。
また、ポジションを保有するだけで利益を得ることができるため、仮に他のポジションで損失が出ているときでも損失のカバーができます。
スキャルピングのように細かい分析は必要ありませんし、海外FXならではのハイレバレッジを活かして少ない資金でも大きなスワップ金利を狙うことができます。

海外FXでスワップポイントを狙うデメリット

海外FXでスワップポイントを狙うデメリットとしては、為替変動リスクが挙げられます。
急激な為替変動でポジションが約定すると、それまでにためてきたスワップポイントが消え去ることもあります
特に、新興国の通貨を含んでいると値動きが大きくなりやすいため、注意しておきましょう。