FXで安定して利益を出し続けるなら勝ち逃げするしかない

FXで安定して利益を出し続けるなら勝ち逃げするしかない。
今回は、FXトレードにおいてよく登場する用語「勝ち逃げ」について見ていく流れとなります。

FXにおける勝ち逃げとは何なのか?

FXにおける勝ち逃げステップとは以下のようなものとなります。

  • 事前に取引基準を決めておく
  • 基準に達したら「利確」して利益を固める

これが勝ち逃げです。一般的な「勝ち逃げ」の意味というのも「勝ったら深追いせずにさっさと逃げること」という意味ですが、FXにおいてもニュアンスはほぼ一緒です。

また同じく勝ち逃げと同様に、「負けたらさっさと逃げる」ということも重要す。含み損が自分で決めた基準に達したら迷うことなく損切りしてしまうのが得策です。

FXにおける勝ち逃げ(負け逃げ)は簡単か?

FXで勝つためには「自分で作ったルール通りに利確・損切りする」というだけ。「利確・損切りのルールを決める」ということ自体はそれほど簡単ではありませんが、それ以上に難しいのは勝ち逃げ(負け逃げ)を「実際に行うこと」ではないでしょうか?

よくあることとして、

  1. 損切ラインに達したのにさらに粘った
  2. 利確ラインに達していないのに売却した

とったもの。

1.損切りラインに達したのにさらに粘った

「ミスをミスと認める行動」というのが損切りの本質とも言えるのですが、人間はミスから目をそらしたがる生き物。「もう少し我慢しよう」という心理状態になってしまう人も少なくありません。

しかし「そもそも相場が下がっている」からこそ損切りするわけで、「その後も下がり続ける」可能性の方が高いわけです。「損切りをしなくて正解だった」という状態になる確率は非常に低いのです。そのまま致命的な損失が発生しても決しておかしくありません。

2.利確ラインに達していないのに売却した

これは「弱気になって、早めに売ってしまう」という意味。「勝ち逃げ」という言葉を強く意識し過ぎるとこのような行動に出てしまうかもしれませんが、FXトレードにおいてそれは大きなミスとなります。なぜなら、FXは必ず勝てるものではないから。「負けがあっても、トータルで勝つ」のがFXの基本中の基本なので「勝ち逃げの実行」の際に利益が想定よりも小さければ「トータルで負ける」こととなります。

FXにおいて勝ち逃げ(負け逃げ)を行うための3つの秘訣

ここでは「トレードルールが完成していてあとは実行するだけ」の段階として見ていきましょう。

1.捨てるべき発想がある

FXトレードで安定した利益を出す際、大きな邪魔となるのが「ルールを守らなかったけれども、結果的にプラスになったからいいや」という発想かもしれません。具体的には、

  • 損切りを先送りにしたら相場が反転した
  • 弱気になって早めに売却したら相場が落ち始めた

という事があります。しかしそれはあくまで結果論に過ぎず、「結果的上手くいっただけ」というくらいに軽く考えていきましょう。そのような「一か八か」な事を続けていたら破滅します。
特にFX初心者が「ルールを守らない勝利」をしてしまうと、それが成功体験となったと思い込み、勘違いトレードを続ける可能性が高いので気を付けましょう。「ルールを守れなければ全て失敗」だと考えるようにしましょう!

2.勝ち逃げが完了後はチャートを見ない

欲望を抑えながら、自分ルールでFXにて勝ち逃げ(負け逃げ)を続けていたとしても、「あのとき我慢していれば今ごろ莫大な利益がでたかも」「もっと粘っていれば、こんなに損はしなかった」といったストレスは蓄積していくものです。

ですから、「勝ち逃げ(負け逃げ)が完了したら、その後チャートは見ないようにする」のが手かもしれません(とはいえトレード次第では、完全にシャットアウトは難しい?)。

3.勝ち逃げ(負け逃げ)したらリフレッシュを

FXのデイトレードなら1日数回、スイングトレードであれば週に1~2回トレードする事となります。ですから、「勝ち逃げ(負け逃げ)したら、その後しっかりリフレッシュして次の勝負に挑む」ことが大切となります。

有名なトレーダー「リバモア」氏は、利益を出した後、旅をしたり高級品を買ったりしてメンタルをリセットしていたそうですね。安定してFXで稼げるようになれば、自分に「豪華なご褒美」を用意できるようになります。そこまで頑張りましょう。

ちなみに「勝ち逃げ時」も「負け逃げ時」も同じ方法でリフレッシュすべきです。「『負け逃げ』も『トータルで稼ぐため』の一つ」だからです。もし「勝ち逃げも負け逃げも本質的には同じである」と感じているなら、FXで利益を出せる可能性は高いかもしれません。

他の観点におけるFXの勝ち逃げ

ここまで利確・損切りの話だけをしましたが、「FXの勝ち逃げ(負け逃げ)」にはまだまだ別の視点があります。

それは、

  • 1日で発生してよいマイナスの最大値
  • 1回のトレードで発生してよいマイナスの最大値
  • 1日に発生してよい最大の利益

といったもので、いずれもしっかりラインを決めたら厳守しましょう。

3つ目(1日に発生させてよい最大利益)は、「利益ならいくら発生させてもOKでは?」と思うかもしれませんが、実はそうではありません。「1日で発生させてよい最大の利益を破ろうとする」のは、深追いするということで、積み上げた利益があっという間に水の泡になるかもしれません。

FXトレードは「続ければ続けるほど負けるもの」と言えます。だからこそ「勝ったらさっさと逃げる」べきなのです。「今日はもっと利益が出そうだから粘る」いう愚行をすべきではないのです。

FXにおける「究極」の勝ち逃げを目指すのもあり?

FXにおける「究極」の勝ち逃げ。それは「満足いくまで稼いだらその後はFXしない」というものかもしれません。
たとえば生涯年収を稼ぐなら2~3億円程度必要かもしれません。また、そこまで考えられるならば10~20億円くらいを目指すのも良いかもしれませんね。

そこまで大成功したら「FXをやめよう」などという気持ちにはならないでしょう。とはいえ、「FXでかなりの利益を出して一生遊んで暮らす!」というのは大きなモチベーションにはなるはずです。

まとめ:FXにおける勝ち逃げとは精神力との闘いである

FXにおける勝ち逃げは端的に言うと、

  1. 逃げるラインを決める
  2. 確実に実行する

という2ステップだけの構成です。

もちろん「ラインを決める」ことはとても難しいのですが、それ以上に困難なのは「確実に実行する」ことではないでしょうか。実際にFXをやってみると分かるのですが、想像以上にFXはメンタルに左右されます。

そうならないために「勝ち逃げしたら、あえてチャートを見ない」「完了したらリフレッシュする」など工夫することがおすすめです。