エックスエム(XM)のレバレッジは最大999倍

FX取引において、レバレッジを高く設定できるほど、資金効率を高めることができます。少ない証拠金で高額トレードを狙えるので、取引に成功すれば、より多くの利益を出すことが可能です。

FX業者の中でも、海外FX業者「エックスエム(XM)」は、レバレッジを最大999倍に設定できる点に特徴があります。本記事では、エックスエム(XM)のレバレッジについて解説するとともに、メリットやレバレッジ設定での注意点をご紹介します。

国内FX業者のレバレッジは最大25倍

レバレッジは、国内FX業者に対して金融商品取引法で規制が行われています。個人口座の場合は最大25倍、法人口座の場合は最大200倍までと決められています。例えば、証拠金100万円にレバレッジを25倍かけると、取引総額は2,500万円となります。

法人口座の場合は、最大200倍にレバレッジをかけられるので、証拠金100万円であれば取引総額は2億円となりますね。

一度のトレードの結果を出したい個人トレーダーにとっては、最大25倍のレバレッジは少ないと感じることが多いようです。その反面、トレードが失敗したときの損失にも限度があるので、リスクが少ないとも捉えられています。

エックスエム(XM)ならレバレッジ最大999倍

エックスエム(XM)のレバレッジは、最大888倍かけることができます。具体的には、1・2・3・5・10・15・20・25・50・66・100・200・300・400・500・999倍からレバレッジを選べます。

海外FX業者は国内FX業者より幅広いレバレッジを選ぶことができ、倍率も圧倒的に高いです。同じ100万円を証拠金にしたとしても、国内FX業者の最大25倍で2,500万円に対し、エックスエム(XM)ならば最大999倍をかけると9億9,900万円になり、大きな差があります。

一度のトレード利益が高くなったり、少ない証拠金で利益をあげたりできるので、トレード効率を一気に引き上げられるでしょう。

エックスエム(XM)でレバレッジを高く設定するメリット

エックスエム(XM)のレバレッジの高さは、国内FX業者にはない魅力です。ただ損失のリスクもあるのでは?と思うFXトレーダーもいることでしょう。

その点、エックスエム(XM)の仕組みによって、損失リスクにも対応されています。それでは、エックスエム(XM)でレバレッジを高く設定するメリットを見ていきましょう。

少ない証拠金で高額トレード可能

エックスエム(XM)で高いレバレッジを設定すると、少ない証拠金でも高額トレードができるようになります。エックスエム(XM)は0.0001ロットが最小注文数ですが、同じ注文数でも25倍と999倍では利益が大きく変わりますね。

国内FX業者で大きな利益を出そうとすると、多額の証拠金が必要です。そのため、資金力がないトレーダーは締め出されてしまいます。エックスエム(XM)のレバレッジ設定は、利益を出せるだけでなく、トレーダーが参入しやすい仕組みとも言えるでしょう。

追証がないため損失は証拠金のみ

通常、取引の損失等によって証拠金が減ってしまうと、損失分をFX業者に請求される「追証」が行われます。追証は、損失が回復しても解消されないため、入金するかポジション決済をするしかありません。

エックスエム(XM)には、追証はなく、証拠金を失いマイナス残高になっても、リセットする仕組みがあります。そのため、最大999倍のレバレッジをかけ、損失を出したとしても、損害は証拠金のみとなります。ハイレバトレードをしたいがリスクが心配という方にも、エックスエム(XM)が最適です。

エックスエム(XM)のレバレッジで注意したいポイント

エックスエム(XM)のレバレッジの高さは魅力ですが、活用方法によっては証拠金維持率が下がるなど注意点もあります。3つの注意したいポイントを把握しておきましょう。

999倍のレバレッジを設定する場面は多くない

999倍のレバレッジは利益効率を考えると大きなメリットですが、ロスカットされやすいというデメリットがあります。少額投資でも見極めが難しく、取引が成功しにくく、リスクは少ないものの利益が出ないかもしれません。

そのため、999倍のレバレッジを設定する場面は少なく、100~200倍で十分である場合が多いです。

口座の種類によってはレバレッジが低い

エックスエム(XM)の口座は、「マイクロアカウント」「スタンダードアカウント」「ゼロアカウント」の3種類があります。マイクロとスタンダードのレバレッジは最大999倍ですが、ゼロについては最大500倍です。

最大999倍でトレードするには、マイクロかスタンダードを選ぶ必要があるので、口座開設時に間違えないようにしましょう。

ポジション保有時の変更は証拠金維持率が下がる

レバレッジによって証拠金が変わるので、既にポジションを保有している場合、証拠金維持率が下がります。証拠金維持率が一定を割り込むとロスカットされ、強制決済されるので注意が必要です。ポジション保有前にレバレッジを引き上げるようにしましょう。

まとめ

エックスエム(XM)では、最大999倍のレバレッジをかけることができます。少ない資金でハイレバトレードができ、取引成立時により多くの利益を上げられます。レバレッジ設定をする際は、999倍も必要ないことがある、口座によって最大500倍、変更時の証拠金維持率の減少などには注意しましょう。エックスエム(XM)のハイレバレッジを活用して、効率よく利益を出してみてくださいね。