エックスエム(XM)のゼロカットシステムで追証の心配なし

FXトレードで損失が出た場合、FX業者によっては追証が行われ、多額の入金が必要になる場合があります。追証の程度によっては、借金を背負う可能性もあるので、リスク管理が欠かせません。

FX業者のひとつであるエックスエム(XM)では、ゼロカットシステムを採用していて、追証されずに安心して取引することができます。本記事では、エックスエム(XM)のゼロカットシステムについて仕組みやメリットをご紹介します。ゼロカットシステムが役立った事例も紹介するので、合わせて確認しておきましょう。

エックスエム(XM)のゼロカットシステムとは

エックスエム(XM)のゼロカットシステムは、追証なしでロスカットされる仕組みです。損失が発生し証拠金が不足した場合に、損失部分がゼロにリセットされ、証拠金のみの損失に抑えられます。

もしゼロカットシステムがないFX業者だった場合は、不足した証拠金を追証として請求されるので、多額の損失を負うことになります。

ゼロカットシステムは、マイナス残高の保護とも表現され、投資家を守るためのシステムとして、損失リスクを最小限に抑えてくれます。

エックスエム(XM)のゼロカットシステムのメリット

追証があるFX業者に比べて、エックスエム(XM)のゼロカットシステムには多くのメリットがあります。マイナス残高のリスクがないだけでなく、思い切った取引もしやすいです。3つのメリットを詳しく見ていきましょう。

どんなに多いマイナス残高でもリセット

ゼロカットシステムは、口座がマイナス残高になったときにゼロにリセットされます。マイナス残高の範囲は設定されていないので、基本的には100万円でも1億円でも損失がゼロになると言えます。リスクのある取引をしたり、思いがけない暴落があったりしても、追証による借金を背負うことはありません。

ゼロカットシステムは、国内FX業者にはないので、リスクをケアしてFX取引をしたい場合はエックスエム(XM)をはじめとした海外FX業者がおすすめです。

損失があっても証拠金のみ

FXトレードにおいて、ロスカットが行われても、証拠金の損失はあります。ただ国内FX業者の場合、追証があるので、証拠金以上の損失がでます。

一方、エックスエム(XM)はゼロカットシステムを採用することにより、損失は証拠金のみに抑えられます。むやみな取引は証拠金で多額の損失を発生させる場合もありますが、計画的な取引を行えば、利益を期待できるでしょう。

リスクを恐れずハイレバレッジを活用できる

FX取引では、レバレッジを高く設定することで利益効率を上げることができます。ただし、レバレッジが高いほど証拠金が上がり、レート変動での損失も多くなります。

エックスエム(XM)のゼロカットシステムは、借金するリスクを帳消しにしてくれるので、ハイレバレッジトレードのリスクを軽減できます。思い切ったトレードでより多くの利益を出したいという方も、リスクを恐れずにレバレッジを高く設定しやすいです。

エックスエム(XM)のゼロカットシステムの信頼がわかる事例

ゼロカットシステムがあるからといって、外貨の大暴落などが起きたら、どうせ追証されるんでしょと思う方もいるのではないでしょうか。そのような不安がなく信頼できることを証明した事例がいくつかあります。

その代表的な事例が、スイスフランショック時の対応です。2015年に起きた為替市場の大混乱で、スイス国立銀行の政策変更によって引き起こされました。為替介入を取りやめることがきっかけで、スイスフランの価値が約40%下落し、多くのトレーダーに損失を与えました。

エックスエム(XM)では、その他の取引と同じく、ゼロカットシステムが発動し、マイナス残高がリセットされています。信頼性が示された事例で、エックスエム(XM)であれば万が一のトラブルにも借金を負うことはないでしょう。

ゼロカットされないときは入金または問い合わせしよう

ゼロカットされる状態になっても、口座残高が反映されない場合があるようです。すぐにゼロカットされるのではなく、FX業者のタイミングがあるので、一見リセットされないように見えます。

必ずゼロカットされるため焦る必要はありませんが、自分のタイミングでリセットしたい場合は、追加入金を行うとリセットされます。それでも反映されない場合は、エックスエム(XM)のサポートに問い合わせしましょう。

まとめ

エックスエム(XM)のゼロカットシステムは、損失をゼロにリセットし、証拠金のみの損失に抑えるシステムです。FX取引のリスクを最小限にしつつ、ハイレバレッジトレードにチャレンジできるというメリットがあります。

スイスフランショックをはじめとした事態でも多くのトレーダーを救ったので信頼あるシステムです。エックスエム(XM)の追証のないゼロカットシステムを活用してリスクの少ないトレードを実現しましょう。